ドローンで撮影する時に覚えておきたい「撮影許可を得る方法」と「撮影NGの条件」

ドローンによる空撮がNGなのは?

200g以上のドローンを飛行させて空撮するには「航空法」が関係してきます。

その航空法では、

・空港周辺の空域

・地上または水面から150m以上の空域

・人口集中地区

上記の空域においてドローンを飛行させることはできないと定めています。

これ以外の空域で、かつ、

・日中から日没までに飛行させること

・肉眼による目視範囲内でドローンと周辺を常時監視して飛行させること

・人や物から30m以上距離を保って飛行させること

・イベントやお祭りなど人が集まる催しの上空では飛行させないこと

・爆発物などの危険物を輸送しないこと

・ドローンから物件を落下させないこと

といった要件を満たす必要があります。これらをクリアした環境で、かつ他の法律などに抵触しないようであれば、ドローンを飛行させて空撮することができます。

ですが、クライアントからの要望などで、

・夜間飛行しなければならない

・目視外飛行させる必要あがる

・人や物から30m以内に飛ばさなければならない

・イベントの上空を飛行させなければならない

・危険物を輸送したり物資を投下させたりしなければならない

といったケースも出てくることでしょう。

そんな場合は、事前にドローンの撮影許可・承認を得る必要があります。

 

ドローンの撮影許可・承認の申請方法

ドローンの撮影許可申請は必要書類を郵送、持参、あるいはオンラインで行うことができます。

提出書類の内容を確認するために、最低でも10日前までに提出するよう推奨していますが、書類に不備があればさらに時間を要することもありますので、撮影日が決定した時点でできるだけ早くドローンでの撮影許可申請をすると良いでしょう。

申請は原則として「1機体・1航路につき1回ごとの承認が必要」とされていて、例えば「夜間」に「建物から30m以内」を飛行させる場合、それぞれに申請が必要となるのですが、そんな時は一括申請できますのでぜひ活用しましょう。

また、同じ申請者が一定期間内に繰り返し飛行する場合、あるいは複数の場所で飛行を行う場合も包括申請できますので、併せて覚えておくと便利です。

もし急な空撮依頼などで業務の都合上、飛行経路が決定してからドローンの撮影許可申請を出していては間に合わないという場合も、飛行場所の範囲および条件を記載することで、飛行経路を特定せずに申請を行うことができますので、空撮を仕事にしたい人はこの辺りも押さえておくと良いでしょう。

なお「空港等の周辺または地上等から150m以上の高さの空域における飛行の申請」については空港事務所長宛に、それ以外の申請は地方航空局長宛に申請することになります。

その他、ドローンの撮影許可申請や承認に係る詳細については国土交通省のサイトに掲載されていますのでご確認ください。

無人航空機の飛行に関する許可・承認に係る申請方法(国土交通省)*pdfファイルです。

申請手続きについて(国土交通省)

 

その他の注意点

航空法が適用されるのは200g以上のドローンですが、たとえ200g未満であっても、迷惑をかけた人すべてに該当する法律である「軽犯罪法」に抵触する可能性がありますので注意しましょう。

また、航空法が該当するかどうか以前に、空撮OKの環境、または許可を得ての空撮を行う際も、第三者の肖像権やプライバシーの侵害に関してはきちんと配慮することを忘れないようにしましょう。

当然ですが他人の部屋の中を撮影することなどは、迷惑防止条例違反になりますので絶対に行ってはいけません。

その他、許可が必要かどうか迷った場合は飛行させる土地を管轄する自治体や、国土交通省の無人航空機ヘルプデスク「0570-783-072(平日9:30~18:00)」などに問い合わせて、不用意な違反を防ぎ、第三者へ迷惑をかけないように心がけましょう。

 

ドローンで撮影するならこれ!おすすめドローン5選

初心者向けのドローンから、本格的な撮影をしたい人向けまで、おすすめのドローンを5つ紹介します。

DJI Phantom 4 Pro

クオリティの高い映像を求める人におすすめなのがDJI社の「 Phantom 4 Pro」です。ドローンの代名詞とも言えるメジャーな機種で、ホワイトの大きなボディが特徴的で重量感がありますが、その分、空中での安定感を発揮するので、より安全な空撮を楽しむことができます。

何と言っても高性能なカメラレンズが特徴です。搭載しているのは1インチセンサーで、性能は高級コンパクトデジタルカメラと変わりません。息を飲むような美しい映像が撮影できるプロ仕様の本格ドローンを探している人におすすめです。

DJI Mavic 2 Pro

1インチセンサーのハッセルブラッド(Hasselblad)カメラを搭載した「Mavic 2 Pro」は、DJI社の傑作として人気を集めています。ハッセルブラッドと言えば、宇宙飛行士のアームストロングとオルドリンが月面で撮影するのに使った高級カメラメーカーです。

全方位センサー搭載で安全な飛行ができ、初心者から上級者まで満足のいく空撮を楽しむことができます。重量感がありますが、折りたたみ式なので簡単に持ち運ぶことができます。

Parrot ANAFI

フランスのドローンメーカーであるParrot社がリリースした、小型軽量でありながら本格的な空撮ドローンです。「飛行する4K HDRカメラ」と呼ばれているように高画質な撮影ができることに加え、独自の180度回転ジンバルを搭載し真上から真下の映像を撮影することができます。

機体重量は320g、折りたたんでコンパクトに持ち運ぶことができるのも特徴です。折りたたんだ状態から3秒以内で展開することができ、最大25分のフライトを楽しむことができます。ドローンを持ち運んでユニークな撮影がしたいという人におすすめです。

DJI Mavic Air

DJI社がリリースしている折りたたみドローンです。430gと軽量で、折りたたむとスマートフォン並みのサイズで簡単に持ち運ぶことができます。コンパクトでありながらしっかりとブレのない4K映像を撮影することが可能です。

自動ホバリングや障害物回避機能も付いているので、初心者でも安心してフライトを楽しむことができ、最大飛行時間は21分です。旅行好きなアクティブな人におすすめです。

Ryzetech Tello

ドローンがはじめてだという人におすすめなのが機体重量80gのトイドローン「Tello」です。DJI社のフライトテクノロジーとIntelプロセッサーにより、安定した飛行と高画質な映像を撮影することができます。

最大飛行時間は13分で、自宅やオフィスなどの限られたスペースでも十分に楽しむことが可能です。子どもから大人まで、気軽にドローンを楽しみたいという人におすすめです。

 

ドローン撮影は結構難しい!業者に頼むのも一つの手

結婚式や運動会などのイベントでドローン撮影をしたいという人も増えています。さらに、PR映像や点検などでもドローン撮影が使われることが多くなっています。とはいえ、いきなり本番を迎えると、思っていた以上に操縦が難しくて、失敗してしまうということもあり得ます。こんな時は思い切って業者にお願いするのも一つの手です。

費用は業者によって違いますが、「ドローン空撮.com」の場合は静止画プランが30,000円~、静止画と動画を合わせたプランは50,000円~となっています。テロップや音楽を加えた映像制作プランは200,000円~です。

業者にお願いすることのメリットは、優れた飛行技術を持つ操縦士によって失敗のない撮影を行うことができることです。さらに、ドローンの飛行許可申請など面倒な手続きもまとめてお願いすることができます。より本格的な撮影ができる、ハイグレードな機体を用意している業者もいます。

漠然とした依頼は見積もりが高めになることがあるため、見積もり依頼をする時は、何を、どこで、どのように撮影してほしいのか具体的な依頼をするようにしましょう。撮影日は悪天候の可能性も考えて、予備日を設定しておくと安心です。

ドローンの撮影許可申請には時間がかかることがあるので、依頼する際は十分な時間の余裕をもって行うようにしましょう。業者に頼む際でも丸投げするのではなく、発注者としてできる限りの情報を得ることによって、満足のいく成果物を手に入れることができます。

 

まとめ

ドローンによる空撮は魅力的ですが、撮影がNGな場合があるので、気を付けなければいけません。許可が必要な場所がほとんどなので、覚えておくようにしましょう。許可申請をして承認を得れば、問題なくドローン空撮を楽しむことができます。

なお、今回は空撮におすすめのドローン5選も紹介しましたが、お気に入りの機種を見つけて、たくさん練習してください。どうしても個人での撮影が難しいという場合や、失敗したくない大事なイベントの際には、業者に頼むと安心です。

RECOMMEND おすすめ記事

上に戻る