ドローンで地形を測量するにはどれくらいの費用がかかる?

多方面で利用されるようになっているドローンは測量という分野でも活躍しています。では、ドローンで地形を測量するのにはどれくらいの費用がかかるのでしょうか?

ドローンを使って地形を測量するのにかかる費用

ドローンで地形を測量するのにかかる費用の相場を、業者に外注する場合と自社で行う場合に分けてご説明します。

・業者に外注する場合にかかる費用

ドローンによる地形の測量を外注した場合の費用相場は、画像の解析も含めて、写真測量で100万円くらい、レーザー測量で300万円くらいと言われています。ただし、これはあくまでも費用の相場であり、実際にかかる費用は条件によって異なります。

・自社で行う場合にかかる費用

自社でドローンによる地形の測量を行う場合、まずは必要な機材やソフトを揃えなければなりません。

具体的には、ドローン本体のほか、カメラ、レーザー(レーザー測量をする場合)、3Dモデルを生成するためのソフト、断面図を作成するためのソフトなどが必要になります。また、技術者を育成する必要もあるでしょう。ドローンを操縦したりソフトを使いこなしたりするのには、高度な技術と知識が必要だからです。

こうした費用を合計すると、300万円以上の初期費用が必要になると考えられます。レーザー測量を行う場合には、装置が高額なので1,000万や2,000万円もの費用がかかる場合もあります。

 

ドローンで地形を測量する費用の内訳

ここで、ドローン測量の費用の内訳を解説します。前の項目で見た通り、ドローンで地形を測量するのにはそれなりの費用がかかりますが、その内訳を見ると費用が高い理由がわかります。

・機材の費用

小型のドローンの場合は、1式揃えても30〜40万円くらいでしょう。中型機や大型機の場合は、カメラなどと合わせると最低でも100万円以上はかかります。レーザー測量の場合には、機材を揃えるのに1,000万円以上する場合もあります。

・現場での人件費

ドローンによる測量に必要なのはドローン操縦士だけではありません。他にも安全監視員、補助員の人件費が必要です。これらを合わせると数十万円かかるでしょう。

・画像解析の費用

カメラやレーザーによって取得したデータを元に、専用ソフトを使って3Dモデルや断面図を作成するのにも費用がかかります。なお、専用ソフトの価格は数十万円するのもありますが、今では5万~10万円くらいで購入できるものもあります。また、月額料金で利用できるクラウド版のソフトも登場しています。

・その他の費用

他にも、測量を行う場所までの交通費がかかります。また、ドローンの飛行に許可が必要な場合には関係各所との調整費用が必要になりますし、保険に加入する場合にはその費用もかかります。

これらが、ドローンで測量を行う場合にかかる費用の内訳です。ドローンによる測量が今後さらに普及していけば、機材にかかる費用や専用ソフトの費用は下がっていき、そうなればドローンによる測量のコストは今よりも安くなっていくことでしょう。

 

ドローンによる地形測量の流れとは?

 

ドローンによる地形測量がどのように行われるのかを見てみましょう。

まずは、対象となる土地の下調べをして、地形や遮蔽物、障害物をチェックします。写真測量の場合、遮蔽物の影になっている地点などは空からは測量できないので、従来通り地上で測量することになります。

次に、ドローンを飛行させるための許可申請を行います。人口密集地区(DID)などでは国土交通省への許可申請に10営業日ほどかかります。公道などの上空でドローンを飛行させるには、警察への許可申請も必要です。

ドローンの飛行許可が取れたら、ドローンの具体的な飛行プランを作ってルートを決めます。その後、基準点(GCP)を置きます。これによってカメラの3次元位置を測定することができます。

その後、実際にドローンを飛ばして地形を測量します。そして、写真撮影やレーザー測定によって取得したデータを使って3Dモデルや断面図、オルソ画像(航空写真のズレを直した画像)を作成します。これらを元に設計や施工を行います。

以上のような方法でドローンによる測量が行なわれます。

このようなドローンを使った測量には、さまざまなメリットがあります。例えば、広範囲の地形を短時間で測量できます。地上測量と比べて最短で6分の1くらいまで時間を短縮できると言われています。また、人や車が入っていけない場所の地形もドローンなら空から簡単に測量できます。さらに、セスナなどの航空機を使って測量をする場合よりも費用がはるかに安く済みます。

このため、今後も測量という分野でドローンは広く活用されていくことでしょう。

RECOMMEND おすすめ記事

上に戻る