ドローンで動画撮影する際のコツとは?絶景のおすすめ動画もご紹介!

ドローンを購入したらまずやりたいのが空撮ですよね。ドローンならではの上空から撮影した景色は、今まで見たことがない魅力を持つ絶景となり、そんな動画を誰もが撮ることができるのが、ドローンの魅力ともいえます。今回は、ドローンで動画を撮影するときのコツから、おすすめの絶景動画を紹介していきます。

ドローンの動画撮影を成功させるコツとは?

ドローンを購入すれば、その日から空撮映像を撮ることが可能となりますが、上手な動画を撮影するためには、撮影のコツを知っておかなければなりません。ここでは、まずドローン撮影を成功させるためのコツをまとめていきましょう。

重要なのは、撮影手法を理解するということです。ドローンの移動によって、映像にさまざまな演出を加えることができます。前進や上昇、固定、低空飛行などそれぞれの撮影手法によって、得られる印象は全く異なるのです。

ドローンの動画撮影が上手になりたいのであれば、まずはドローンを操縦しながら、多様なドローンの動かし方を身に着けていきましょう。

 

動画撮影に適したおすすめドローンを紹介!

ドローンによる動画撮影を成功させるためには、操縦テクニックだけではなく、ドローンの動画撮影能力も影響します。

画質やブレ補正など、きれいな動画を撮影するために必要な機能を持っているドローンを購入すると、上手な空撮動画を作ることができます。

ここでは、動画撮影に適したドローンを紹介します。

1.Mavic pro

4K画質での動画撮影なハイエンドドローンです。絶景を切りとる空撮映像を撮影する上で、この高画質は強い味方になるでしょう。価格も13万円と、本格的にドローンを楽しみたい初心者でも手の届く価格となっています。

2.Phantom4Pro

人気ドローンメーカー「DJI」のハイエンドモデルの「Phantom4Pro」は、プロのドローン撮影家も使用するほどの高性能なモデルです。4Kという高画質はもちろんのこと、暗所撮影や階調表現などを担うセンサーも搭載されています。本格的な空撮動画を撮ってみたい人は、これを買えば間違いないでしょう。

3.Inspire2

4K360℃回転式シンバルを搭載している高精細ドローンです。最大で5.2Kでの動画撮影が可能な超ハイスペックモデルとなっています。価格はかなり高いですが、プロ並みの空撮動画を撮影したい人におすすめです。

 

まさに絶景!おすすめドローン動画集

次は、実際にドローンで撮影された空撮映像を紹介していきます。どれも素晴らしい映像ばかりなので、これを見るとドローンが欲しくなるかもしれません。

1.新婚旅行の空撮映像

こちらはネットでも有名になりましたが、日本人の新婚カップルが世界48か国を巡った旅の中で、各地の絶景動画がドローンによって撮影されています。世界各地の絶景が見られるうえに、コンセプトが素敵ですね。

2.打ち上げ花火

打ち上げ花火を真横から見るというのはドローンならではの発想ですよね。大迫力の花火動画が収められています。

3.火山の噴火映像

危険すぎて人が違づけないような場所の動画でも撮影できるのがドローンの魅力。この動画では、激しく噴火する火山の模様を間近から捉えています。

4.八ヶ岳ロープウェイ

白銀の世界に囲まれた八ヶ岳の景色をロープウェイとともに登っていくという動画です。美しい自然がきれいに収められています。

5.ドローンレース

ドローンは空撮だけではなく、レースにも使われます。こちらは猛スピードで飛行するドローンの視点からとらえられた動画です。

6.ハワイ

誰もがうらやむリゾート、ハワイ。美しい海や大自然を堪能することができます。

7.ニューヨーク摩天楼

世界一の都市でもあるニューヨークの摩天楼を、上から見下ろす映像です。映画のようなビル群、そして美しい夜景が魅力的な動画です。

8.イタリア

イタリアの歴史的な街並みをドローンで撮影した動画です。ローマやベニスなど魅力あふれる街並みを眺めることができます。

9.カナダ

カナダの雄大な自然を捉えた動画です。スケールの大きな自然をドローンの視点から楽しめます。

10.命がけのチャレンジ

命知らずの挑戦をドローンから捉えたという動画です。息を飲むのような自転車トリックの臨場感が伝わります。

 

ドローンで動画撮影する際は各種法令やマナーを守ろう!

ドローンは落下事故の危険などもあるものですから、使用時には各種法令やマナーを遵守しなければいけません。

例えば、ドローンの飛行に関しては、航空法などの法律から、都道府県の条例などでも規制されています。

また、飛行に関するものだけではなく、動画撮影におけるプライバシーに関するルールもありますので、ドローン使用時には事前に確認しておくことが重要です。

RECOMMEND おすすめ記事

上に戻る