エバーブルーテクノロジーズ、帆船型ドローンによる「夜間航行」の実証実験に成功

エバーブル―テクノロジーズ株式会社は5月25日、帆船型ドローンである「Type-Aプロトタイプ」を用いた夜間航行の実証実験に成功したと発表しました。

帆船型ドローンとは、風の力を直接動力として利用する帆船の技術とGPSにより動くドローンの技術を組み合わせて生まれた「無人操作ヨット」のことです。

実験に使用した「Type-Aプロトタイプ」は、2020年に開発された2mクラス無人操作ヨットの実証機として、これまでにも機動性テスト・滞在型テスト・長時間稼働テストを行っていました。

実験内容は神奈川県の逗子海岸にて夕方5:30~日没の6:00を挟み、6:30までの間連続で1時間稼働するというものです。

FPV用カメラとスマホの「zoom」アプリを利用してリアルタイムに映像を伝送しながら、遠隔操作と自動操作を適宜切り替えて無人帆走。

方向転換や着岸の際は補助モーター動力を併用していました。

実験時の海況・実証された概要は以下の通りです。

・ 風向:南東の風(平均148度)
・ 風速:最大2.38m/s(4.62ノット)平均0.72m/s(1.40ノット)
・ 艇速:最大1.88m/s(3.65ノット)平均0.4m/s(0.78ノット)
・ 水深:最大1.54m・平均1.02m
・稼働時間:約60分
・予想最大稼働時間:約5時間(バッテリー容量・使用量から算出)
・搭載物:FPVカメラ・スマホ(約500g)・ソナーユニット(約1kg)
※風向・風速はType-Aプロトタイプ搭載の風向風速センサー、艇速はGPS情報から、水深はソナーユニットから取得。

想定されている帆船型ドローンの活用例は、夜間の海上警備や長時間の海洋調査、救難・捜索活動支援など。

夜間の密漁や不審船への対策、要救助者の夜間捜索などの問題は危険性やコスト面から有人ではリスクが高いため、解決が難しいものとされていました。

しかし今回の実験成功により、解決可能な未来へ一歩近づいたと言えます。

加えて帆船型ドローンは風力をエネルギーとしているので、既存の内燃機関を用いた船と違い燃料の制限がないことから長時間の調査・警備がしやすくなります。

実験に用いられた「Type-Aプロトタイプ」は、全長2mクラスの無人操船ヨットとしてゼロからデザインされました。

ヨットレースの最高峰ともいえるアメリカズカップのレース艇、商船設計を手掛ける「ACT」の金井氏が造形。

現在は本格的な導入に向け、量産型の設計を行っています。

エバーブルーテクノロジーズは今回の実験成功を受け、より帆走性能が高い高率型ヨットを利用した12時間連続稼働実験を2021年秋ごろに実施予定とのこと。

更に現在開発中の5mクラスヨットを利用した、100kgの貨物輸送実験も実施予定です。

飛行型と帆船型ドローンのバイブリッドである、「Type-P」の研究開発もシンガポール国立大学とともに進めています。

<エバーブルテクノロジーズ>
■会社名  :エバーブルテクノロジーズ株式会社
■代表者  :野間 恒毅
■設立   :2018年12月
■本社所在地:東京都調布市緑ヶ丘二丁目67番地1号フェリーチェ緑ヶ丘A2
■活動拠点 :葉山、逗子海岸、二宮漁場、シンガポール、ホノルル

RECOMMEND おすすめ記事

上に戻る