まるで空飛ぶ自撮り棒!BetaFPVとInsta360が開発する新ドローン

中国深センの2つの企業、ドローンメーカーのBetaFPVと、360度カメラやアクションカメラなどを開発するInsta360がチームを組み、新しいCine-Whoop(シネフープ)ドローンを開発しました。業界をリードする2つの企業のコラボレーションとあって、すでに注目の的となっています。

 

最近のドローン業界のトレンドは、間違いなくCine-Whoopドローンでしょう。スタビライザー内臓の広角アクションカメラを載せたFPVドローンで4K動画を撮影し、パイロットはFPVゴーグルを装着して操縦します。そして「ReelSteady」などのソフトウェアを使って素早く映像を処理するのです。

 

しかし、実際にこのようにドローンによる映像撮影を行う人々にとっては、GoPro、Osmo、Insta360 One Rなどのアクションカメラをドローンに取り付けるために、3Dプリンターで固定マウントを作成しなければならないなど、不便なことが多かったのです。

 

さらに、Tiny Whoop(タイニーフープ)と呼ばれる超小型ドローンの場合、重量を減らすためにアクションカメラをケースから外して、裸の状態で取り付けなくてはなりません。

 

そこで開発されたのが、BetaFPVとInsta360の新製品「X Knight 360 FPVクアッドコプター」です。カーボンファイバーでできた頑丈なフレームには、アクションカメラ「Insta 360 One R」をはめ込むスロットがあります。そして、Insta 360 One Rと組み合わせて撮影された360度映像には、ドローンがまったく映り込みません。まるで空を飛ぶ自撮り棒を使っているようかのような使い心地です。

 

BetaFPVはこの製品をゼロから設計したといい、次のようにコメントしています。「より良いFPV撮影を実現するため、Insta360とチームを組んで作る2つ目の製品となります。FPVレース、フリースタイル、映画やVログの撮影など、幅広い用途でクリエティブな撮影に活躍するでしょう。X Knight 360 FPVクアッドコプターはスムーズに飛行し、鮮やかで安定した映像を撮影できます。」

 

(画像引用:https://dronedj.com/2020/10/14/cool-cine-whoop-drone-by-betafpv-insta360-released/)

NEWS

長時間飛行、機敏なターン!猛禽類から着想を得た「羽毛」を持つドローン

NEWS

フグのように膨らんでドローンを守るロボット「PufferBot」

NEWS

火の玉を落とすドローン、カリフォルニア山火事で活躍

NEWS

まるで空飛ぶ自撮り棒!BetaFPVとInsta360が開発する新ドローン

NEWS

iPhone 12シリーズはGoPro代わりにドローンに搭載できる!

NEWS

ドローン臓器輸送の最長距離更新!ドローンが広げる臓器輸送の未来

NEWS

室内を監視するカメラ付きドローンがAmazonから発売 セキュリティは大丈夫?

NEWS

新しい視点から世界を見つめる 「ドローンフォトアワード2020」受賞作品が発表

© DRONE NEWS