Featured Video Play Icon

釣り人の新・三大必需品はロッド・リール、そしてドローン

最近YouTubeにはドローンを使ってビーチで釣りを行う人々の動画がよく投稿され、人気を集めています。多くの動画では、DJIのMavicやPhantom、Inspireといったドローンが、海の狙った位置に正確にエサを落とすのに使われているのです。

 

オーストラリア・パースの釣り人、Robbie Riches氏は、元々サーフィンを楽しむために海に来ていましたが、今ではドローンを使った釣りをしています。釣り竿の先にとても長い釣り糸とエサをくくりつけ、そのエサをドローンが海岸からずっと遠くの沖まで運びます。そしてマグロやサバ、タイが釣れるベストポイントにエサのついたフックを下ろすのです。

 

ドローンは沖で釣り糸を放して帰還するので、うまくいけば釣り人は魚がかかるまで待つだけですが、もし釣り糸の離脱に問題が発生すると、魚が釣り糸を引っ張ることでドローンが海に墜落する可能性があります。Riches氏も1,000ドルのドローンを海中へと失って泣いた一人です。Riches氏は「パース・フィッシング・サファリ」という釣りツアーを運営していますが、ドローンが海に墜落してしまうと採算が取れないと語っています。

 

また、カナダ出身のYouTuberのJoshua Jorgensen氏は、2019年10月にドローンを使って約50キロもあるターポン(タイセイヨウイセゴイ)を釣り上げたことが話題になりました。ドローンでリアルタイムに映像を撮影しながら魚の群れがいる場所を探すといいます。Jorgensen氏は、「映像を見ながら、魚の口に直接エサを放り込みます。まるでゲームのようです」と話します。

 

なお、オーストラリアでのドローンを使った釣りは、ドローン飛行の規則を守っている限り合法です。例えばCASA(Civil Aviation Safety Authority)が定めている、ドローンを常に視界内で飛ばすといったルールなどです。同じくアメリカでも、ドローンが登録されていて、パイロットが規則を守っている限り、ドローンを使って釣りをすることが出来ます。

NEWS

夏のドローン運転には要注意―高温で墜落の可能性も

NEWS

トラックから大砲で打ち上げる新しいドローン「SQUID」

NEWS

釣り人の新・三大必需品はロッド・リール、そしてドローン

NEWS

DJIが周辺のドローンを検知するスマートフォンアプリを発表

NEWS

米カンザス州で初めてFAAに認可された地上基地レーダーを使わないドローンフライトが行われる

NEWS

イギリスでドローンと操縦者の登録が義務化

NEWS

Uber Eats専用ドローンのデザインが公開

NEWS

「Skydio Dock 2」で完全無人・自動のドローン運用が可能に

© DRONE NEWS