Featured Video Play Icon

釣り人の新・三大必需品はロッド・リール、そしてドローン

最近YouTubeにはドローンを使ってビーチで釣りを行う人々の動画がよく投稿され、人気を集めています。多くの動画では、DJIのMavicやPhantom、Inspireといったドローンが、海の狙った位置に正確にエサを落とすのに使われているのです。

 

オーストラリア・パースの釣り人、Robbie Riches氏は、元々サーフィンを楽しむために海に来ていましたが、今ではドローンを使った釣りをしています。釣り竿の先にとても長い釣り糸とエサをくくりつけ、そのエサをドローンが海岸からずっと遠くの沖まで運びます。そしてマグロやサバ、タイが釣れるベストポイントにエサのついたフックを下ろすのです。

 

ドローンは沖で釣り糸を放して帰還するので、うまくいけば釣り人は魚がかかるまで待つだけですが、もし釣り糸の離脱に問題が発生すると、魚が釣り糸を引っ張ることでドローンが海に墜落する可能性があります。Riches氏も1,000ドルのドローンを海中へと失って泣いた一人です。Riches氏は「パース・フィッシング・サファリ」という釣りツアーを運営していますが、ドローンが海に墜落してしまうと採算が取れないと語っています。

 

また、カナダ出身のYouTuberのJoshua Jorgensen氏は、2019年10月にドローンを使って約50キロもあるターポン(タイセイヨウイセゴイ)を釣り上げたことが話題になりました。ドローンでリアルタイムに映像を撮影しながら魚の群れがいる場所を探すといいます。Jorgensen氏は、「映像を見ながら、魚の口に直接エサを放り込みます。まるでゲームのようです」と話します。

 

なお、オーストラリアでのドローンを使った釣りは、ドローン飛行の規則を守っている限り合法です。例えばCASA(Civil Aviation Safety Authority)が定めている、ドローンを常に視界内で飛ばすといったルールなどです。同じくアメリカでも、ドローンが登録されていて、パイロットが規則を守っている限り、ドローンを使って釣りをすることが出来ます。

NEWS

日本船座礁で大被害のモーリシャス ドローンが捉えた衝撃映像

NEWS

ドローンと「粘土団子」で森林面積を増やす取り組み 

NEWS

ドローン用モーター市場、 2020〜2030年に28.4%のCAGRで成長の見通し

NEWS

ParrotとWISeKeyがパートナーシップ締結、ドローンセキュリティの再定義を目指す

NEWS

Skydioが新しいドローン「X2」で商業用ドローンに参入

NEWS

ドローンと花火が魅せる夜空のショー

NEWS

突風や極寒にも耐えて気象データを集めるドローン

NEWS

2020年下半期に行われるドローンカンファレンス オンライン開催も

© DRONE NEWS