コマツとスカイキャッチがドローンのグローバル販売に向けて契約

かねてより協業しているコマツとスカイキャッチ(米・サンフランシスコ)は、RTK(リアルタイム・キネマティック)搭載ドローン「Explore 1」と「Edge 1 GNSS ベースステーション」を、コマツの持つ世界的物流チャネルを通して世界各国で発売すると発表しました。

 

一般的な建設現場のワークフローでは、従来の実地調査の方法はとても時間がかかります。出資者が現場のデータを手にして分析するまでに何週間も要することは珍しくありません。しかしEdge 1を使えば、対空標識を使わずに30分以内に正確なデータを得ることができます。その精度は誤差5cm未満と非常に優秀です。

 

コマツ執行役員スマートコンストラクション推進本部長の四家千佳史氏は次のように話します。
「Explore 1とEdge 1の登場はすでに日本市場に革命を起こしており、次の舞台は世界です。Edge 1の正確でパワフルな空撮画像解析は、特に北米において、現場作業の自動化の要となるでしょう」

 

スカイキャッチCEOのChristian Sanz氏は、「Edge 1は、Phantom 4RTKを含むすべてのDJI製のドローンと共に使用することができます。どんなドローンを使っても、対空標識無しに能率的なワークフローを可能にします」と述べています。

 

(画像引用:https://unmanned-aerial.com/komatsu-and-skycatch-announce-global-drone-distribution-deal)

NEWS

夏のドローン運転には要注意―高温で墜落の可能性も

NEWS

トラックから大砲で打ち上げる新しいドローン「SQUID」

NEWS

釣り人の新・三大必需品はロッド・リール、そしてドローン

NEWS

DJIが周辺のドローンを検知するスマートフォンアプリを発表

NEWS

米カンザス州で初めてFAAに認可された地上基地レーダーを使わないドローンフライトが行われる

NEWS

イギリスでドローンと操縦者の登録が義務化

NEWS

Uber Eats専用ドローンのデザインが公開

NEWS

「Skydio Dock 2」で完全無人・自動のドローン運用が可能に

© DRONE NEWS