世界中が注目するドローン研究者、ラファエロ・ダンドレア氏とは?

スイスのチューリッヒ工科大学(ETH)に、世界中が注目するドローン研究者がいることをご存知だろうか。ラファエロ・ダンドレア氏は、米アマゾン・ドット・コムが買収したロボットベンチャーの共同創業者でもある。

ダンドレア氏はイタリア生まれ。その後カナダに移住し、トロント大学と米カリフォルニア工科大を経て、米コーネル大の教授職に就いた。その後、2007年にETHに移籍。

コーネル大学在籍中には、ロボットのサッカー世界大会「ロボカップ」の優勝常連校に導いた。その技術力に注目した起業家と組み、倉庫内で荷物の仕分けを行うロボットを開発して企業を立ち上げる。その後その会社が米アマゾン・ドット・コムに買収された。

その額はなんと7億7500万ドル(日本円で約880億円)。

この時の開発では、ロボットを平面上で正確に制御する技術力が求められ、それを見事に実現させた。その技術を応用して今度はドローンの性能を上げようとしているわけだ。

ダンドレア氏の開発したドローンは実に自由に動く。
そのさまはまるで生きているようでもある。
詳しくは以下の動画からぜひご覧いただきたい。

https://www.youtube.com/watch?v=w2itwFJCgFQ

米アマゾン・ドット・コムに買収された過去の事例からビジネス界から注目されてるため、起業家から日に幾つもの事業アイデアが届いているという。しかしダンドレア氏はあくまでも基礎研究を大切にするスタンスだ。

また、優秀な人材が揃っていることに加え、自然が多いチューリッヒ大学での研究生活をダンドレア氏は気に入っているようである。

COLUMN

台湾でドローンは飛ばせる?その条件とは

カメラ搭載のドローンを飛ばせば、旅行先などで空から観光地の撮影ができます。では、多くの日本人が観光旅行で訪れる台湾ではドローンを飛ばすことはできるのでしょうか?

COLUMN

自宅の庭でドローンを飛ばすのは違法?

ドローンの飛行には法律でさまざまな規制がかけられていますが、自分の敷地、例えば自宅の庭などでドローンを飛ばすのは違法なのでしょうか?

COLUMN

空撮ドローンを飛ばすには免許が必要?

カメラ付きのドローンも低価格で購入できるようになり、旅行に空撮用ドローンを持っていきたいと考えている人も多いのではないでしょうか。今回は、ドローンを使って空撮したい場合、どのような免許が必要になるのか紹介します。

COLUMN

ドローンを紛失したり墜落させたりした場合、保険の補償は受けられる?

ドローンを紛失したり墜落させたりして機体を回収できない場合、加入しているドローン保険の補償は受けられるのでしょうか?

COLUMN

技適マークのないドローンを飛ばすのは違法?

技適マークが付いていないドローンを飛ばすと、どんな場合でも違法になってしまうのでしょうか?ここでは、ドローンと技適マークの関係性と違法になるのか、という点について解説します。安全にドローンを飛ばすために、ぜひ参考にしてく […]

COLUMN

海上などで空撮ドローンを飛ばすには許可や免許が必要?

ドローンが一般家庭にも普及して身近な存在になり、趣味で公園、山、海上などに空撮ドローンを飛ばしたいと思っている人も多いことでしょう。では、空撮ドローンを使用するには許可や免許は必要なのでしょうか?

COLUMN

プロのドローン操縦士になりたい人が取るべき資格とは?

ドローンが普及してきたいま、ドローン操縦を仕事にしたいと考えている方もいるのではないでしょうか。今回の記事では、プロのドローン操縦士になるために役立つ資格をご紹介したいと思います。

COLUMN

ドローンを飛ばして映像を地上に送信する場合、どんな資格が必要?

ドローンをつかう際に、映像を地上に送信したいと思う方もいるかもしれません。映像を地上に送信するドローンを操縦するには資格が必要なのでしょうか。ここでは、資格の有無と併せて、資格が必要な場合、どのような資格が必要になるのか […]

© DRONE NEWS