<オーストラリア>ドローン宅配試験運用と住民の懸念

オーストラリア キャンベラ(Canberra)周辺はドローン宅配技術が試験運用されている最先端の地域ですが、『ものごとには進歩的であるほどに課題も生じてくるもの』と問題が持ち上がっています。

試験運用に用いられた宅配ドローンには緊急時に作動する予備分を含め12個のモーターが装備されており、その騒音を不安・迷惑に思う人たちがいることがわかってきたのです。

地域住民の中には試験運用に自ら参加した人もいますが、そうでない人たちもおり、小包が参加者たちの裏庭に届けられる度に、不安に思う人たちがいたということになります。

住民が飼っていた馬が宅配ドローンの騒音に驚いてしまったという話もあり、開発者はこういった課題にも対処し、地域住民により深く配慮する必要があります。

事態を受け、キャンベラ空港とドローンのテスト区域であるファンリーパーク(Fernleigh Park)の住民は、試験運用計画について懸念を表明しました。

空港付近で宅配ドローンが飛行してしまう安全上の問題など、キャンベラ空港側の懸念事項は企業側との交渉である程度解消されたようですが、こういった議論が試験運用前に行われなかったことには驚きを隠せません。

ゆくゆくは宅配サービスの提供をキャンベラ市まで広げる見通しということで、住民の生活が害される前に、騒音問題などにはある程度の解決の目処が要求されることでしょう。

 

Safety concerns surrounding drone delivery trial need to be addressed

 

The Canberra region is now on the forefront of drone delivery technology but with that advancement comes real and valid concerns that need to be addressed.

The speed at which technology continues to progress is unrivalled by the laws that govern its use. In this case it's particularly concerning given the drone testing site's proximity to the Canberra Airport. While it falls outside controlled airspace, it isn't by much.

Both the Canberra Airport and residents of Fernleigh Park, where the drone testing is taking place, have expressed concerns this week in regards to the plans.

While the Canberra Airport's concerns seem to have been somewhat alleviated through discussions with the company, it's astounding these discussions did not take place before the testing began.

As for residents, while some have signed up to be guinea pigs in this trial, with parcels being delivered to their backyards, others have found it disruptive and unsafe.

Animal welfare is also a concern, with one couple stating that their horses were spooked by the drone flying nearby. Given the noise this technology makes it's not hard to see why.

The drone has 12 hover motors, but not all operate at the same time. There are backups which can kick in the case of emergency.

Residents of Fernleigh Park no doubt moved to the rural area for peace, quiet and privacy.

How's the serenity with a drone flying over your property? Apparently it's not very nice.

The proponents of this technology need to address these issues. Greater consideration needs to be given to residents of the area, and those of surrounding areas that might be affected.

The company has also stated they wish to expand to Canberra. Let's hope they can at least address the noise issues before they disrupt a large portion of the residential population.

COLUMN

Delairから200,000ユーロの高級ドローンが登場

COLUMN

今後ドローン操縦が免許制になる可能性はある?

自動車の運転とは違い、ドローンを操縦するのに免許は現在のところ必要ありません。では、近い将来、ドローン操縦が免許制になる可能性はあるのでしょうか?

COLUMN

山の上でのドローン空撮!高度規制と落とし穴について徹底解説

SNSに投稿される山の上でのドローン空撮は多くのドローンファンの目をくぎ付けにします。「チャレンジしてみたい!」と思うかもしれませんが、知っておくべき高度制限と落とし穴があるので注意が必要です。

COLUMN

ドローン操縦士になるためには?具体的な仕事内容や必要な資格について

様々な分野で活躍するようになってきたドローン、ドローンはもはや趣味という枠を超えていると言っても過言ではありません。将来はドローン操縦士として活躍したいと考えている人もいます。ここではドローン操縦士の仕事内容や資格につい […]

COLUMN

選ぶ基準とは?ドローンのカメラの解像度や望遠機能について解説

空からの映像を気軽に楽しめることから人気のドローンですが、カメラのスペックは日に日に進歩しています。今回はドローンのカメラの解像度や望遠機能について解説します。手頃な価格のドローンも紹介するので是非参考にしてくださいね!

COLUMN

農業用ドローンの導入における補助制度はある?

農業の分野でも使用されるようになったドローン、農林水産省が推奨する「スマート農業」の目玉であると言っても過言ではありません。しかしいざドローンを導入しようとしても初期費用がかかるので躊躇しているという人もいるようです。今 […]

COLUMN

ドローンの操作距離が違うのはなぜ?機体ごとの操作距離を比較しよう

空高く飛ばすことができるドローン、上空からの映像はロマンに満ち溢れています。できるだけ遠くまで飛ばして空撮を楽しみたいという人もいるでしょう。しかしドローンの機体によって操作距離は違います。今回はドローンの操作距離を機体 […]

COLUMN

台湾でドローンは飛ばせる?その条件とは

カメラ搭載のドローンを飛ばせば、旅行先などで空から観光地の撮影ができます。では、多くの日本人が観光旅行で訪れる台湾ではドローンを飛ばすことはできるのでしょうか?

© DRONE NEWS