Skyrobot Incが国土交通省より日本全国における無人航空機の包括的な飛行許可を取得いたしました。

産業用ドローン開発「スカイロボット」、 国土交通省より日本全国での無人航空機飛行を許可

~目視外飛行、夜間飛行、人口密集地での人命救助・建物検査にも可能に~

 

産業用ドローンの開発、販売を手掛ける株式会社スカイロボット(本社:東京都中央区、代表取締役社 長:貝應(かいおう) 大介、以下「スカイロボット」)は、2016 年7月 11 日、国土交通省より無人航空 機(ドローン)を日本全国において飛行させることができる許可を取得いたしました。

今回の無人航空機飛行に係る許可により、スカイロボットは、目視外飛行、夜間飛行、人または物件と の間が 30m 以内での飛行、人口密集地での飛行が可能となります。現在、スカイロボットが進めている ドローンによる人命救助実地演習や赤外線機器を搭載したドローンによる建物調査診断が、より早期に 実用化し、社会へ貢献し得る大きな一歩となります。

近年、ドローンの利活用は個人での活用にはじまり、産業用においても様々な研究開発が進んでおりま す。その一方、ドローンの利用機会が増加することによる様々なリスクも懸念されています。このような ドローンを取巻く環境変化に伴い、ドローン飛行に関する基本的なルールが航空法の一部を改正した法 律(平成 27 年法律第 67 号)として制定されました。この法律に基づき、業務上のドローン使用であって も人口密集地を含む多くの場所において国土交通大臣の飛行許可・承認を受ける必要がありました。

この度、スカイロボットが国土交通省から取得した日本全国における無人航空機(ドローン)の飛行許 可は、全国でも限られた事業者にしか発行されていません。この許可により、スカイロボットは、ドロー ンに関する煩雑な飛行手続きを行うことなく全国各地において、ドローン飛行をスピーディーに行うこ とが可能になりました。

 

COLUMN

今後ドローン操縦が免許制になる可能性はある?

自動車の運転とは違い、ドローンを操縦するのに免許は現在のところ必要ありません。では、近い将来、ドローン操縦が免許制になる可能性はあるのでしょうか?

COLUMN

山の上でのドローン空撮!高度規制と落とし穴について徹底解説

SNSに投稿される山の上でのドローン空撮は多くのドローンファンの目をくぎ付けにします。「チャレンジしてみたい!」と思うかもしれませんが、知っておくべき高度制限と落とし穴があるので注意が必要です。

COLUMN

ドローン操縦士になるためには?具体的な仕事内容や必要な資格について

様々な分野で活躍するようになってきたドローン、ドローンはもはや趣味という枠を超えていると言っても過言ではありません。将来はドローン操縦士として活躍したいと考えている人もいます。ここではドローン操縦士の仕事内容や資格につい […]

COLUMN

選ぶ基準とは?ドローンのカメラの解像度や望遠機能について解説

空からの映像を気軽に楽しめることから人気のドローンですが、カメラのスペックは日に日に進歩しています。今回はドローンのカメラの解像度や望遠機能について解説します。手頃な価格のドローンも紹介するので是非参考にしてくださいね!

COLUMN

農業用ドローンの導入における補助制度はある?

農業の分野でも使用されるようになったドローン、農林水産省が推奨する「スマート農業」の目玉であると言っても過言ではありません。しかしいざドローンを導入しようとしても初期費用がかかるので躊躇しているという人もいるようです。今 […]

COLUMN

ドローンの操作距離が違うのはなぜ?機体ごとの操作距離を比較しよう

空高く飛ばすことができるドローン、上空からの映像はロマンに満ち溢れています。できるだけ遠くまで飛ばして空撮を楽しみたいという人もいるでしょう。しかしドローンの機体によって操作距離は違います。今回はドローンの操作距離を機体 […]

COLUMN

台湾でドローンは飛ばせる?その条件とは

カメラ搭載のドローンを飛ばせば、旅行先などで空から観光地の撮影ができます。では、多くの日本人が観光旅行で訪れる台湾ではドローンを飛ばすことはできるのでしょうか?

COLUMN

自宅の庭でドローンを飛ばすのは違法?

ドローンの飛行には法律でさまざまな規制がかけられていますが、自分の敷地、例えば自宅の庭などでドローンを飛ばすのは違法なのでしょうか?

© DRONE NEWS