姫路城ドローン衝突から知る「文化財保護法」

2016年11月、兵庫県姫路市の姫路城大天守にドローンが衝突して落下した事件は記憶に新しい。実は2015年にもドローンが衝突したため、姫路城の管理条例でドローン飛行を禁止していた。

さて、この犯人はいったいどのような法律に抵触したと考えられるだろう?

ドローンの衝突にあった姫路城

姫路城はその白漆喰塗りの美しさから「白鷺城」という名で親しまれ、世界文化遺産登録もされている。

そのため、犯人は航空法違反・管理条例違反であるが、それに加えて「姫路城大天守に衝突した」という点で、文化財保護法にも反していると見られる。

文化財保護法の第195条に以下のようにある。

「重要文化財を損壊し、き棄し、又は隠匿した者は、五年以下の懲役若しくは禁錮又は三十万円以下の罰金に処する。 」

素晴らしい文化財を空撮したいという気持ちはわからないでもない。
個人の興味が優先するばかりに、文化財を傷つける可能性に目を向けるのを忘れてはいけない。

こちらの記事もおすすめ→「ドローンの海上飛行の盲点『港則法』とは

COLUMN

いま注目のドローンレースとは?レースへの参加方法と上達のコツ

ドローンの大きな魅力はダイナミックかつ臨場感あふれる「空撮」ですが、もう一つ、忘れてはいけない「ドローンならでは」の大きな魅力があります。それがドローンレースです。ドローンの普及とともに注目度もアップしているドローンレー […]

COLUMN

ドローン専門ポータルストア「DRONE THE WORLD」とは

COLUMN

東京ガールズコレクションでドローンが飛んだ–テクノロジーの第一人者たちが語った、壮大なプロジェクトの舞台裏

COLUMN

ドローン使用前に電波法を知ろう!分かりやすく解説

COLUMN

広大な土地はドローン利用に最適?北海道のドローン事情

COLUMN

ドローンを株式テーマとする有力銘柄5選。商用ドローンの将来性と経済効果は?

COLUMN

あす開校!福岡県2校目「ドローンスクールジャパン福岡中央校」

COLUMN

株の世界にもドローン!ドローン関連銘柄をチェックしよう

© DRONE NEWS