規制の緩和でアメリカのドローン開発が変わる?

世界有数の半導体企業であるインテルは多国籍企業だが、その本拠地はアメリカカリフォルニア州にある。インテルは半導体及びCPUで世界一のシェアを持っているが、ここ最近話題になっているのはドローンの開発である。

ドローンショー、ドローン花火で使われる「シューティングスター」という機体は、インテルとディズニーが協力して開発したものである。

https://youtu.be/aOd4-T_p5fA

「シューティングスター」の繰り広げるショーは確かに美しいが、このドローンの素晴らしいところは複数の機体が乱れず、衝突することもなく飛行している点である。

複数のドローンが同じ向きに、同じ速度で自律飛行できるという技術力を、エンターテイメントの分野だけに留めておくはずがない(参照「群衆飛行の可能性 ディズニーのドローンエンターテイメント」)。当然、他の産業用途として「使える」技術なのである。

しかし、インテルの本拠地のあるアメリカは実は産業用ドローンの開発においては遅れを取っていた。軍で採用されたり、個人の趣味レベルのドローンが多く出回っていたりはしたものの、たとえば農業用のドローンの使用が認められたのはごく最近の2015年である(参照「海外ドローン事情①――アメリカのドローンは出遅れ気味?」)。

そのため、配送サービスにドローンを使うことを検討しているAmazonなどの企業も、海外での実証実験を余儀なくされていた。
しかし今月25日、このような産業用ドローンの開発を後押しするために、従来の規制を緩和する大統領令が出された。これにより企業は、国内でより大きな規模でのドローンのテストを行える(参照「トランプ大統領、ドローン配送テストの規制緩和のための大統領令」)。

規制の面では出遅れたが、アメリカはもともとドローンの技術力が高く、生産量も多い。トランプ政権下で積極的な産業用ドローン開発に打って出ることは、間違いが無さそうだ。

COLUMN

今後ドローン操縦が免許制になる可能性はある?

自動車の運転とは違い、ドローンを操縦するのに免許は現在のところ必要ありません。では、近い将来、ドローン操縦が免許制になる可能性はあるのでしょうか?

COLUMN

山の上でのドローン空撮!高度規制と落とし穴について徹底解説

SNSに投稿される山の上でのドローン空撮は多くのドローンファンの目をくぎ付けにします。「チャレンジしてみたい!」と思うかもしれませんが、知っておくべき高度制限と落とし穴があるので注意が必要です。

COLUMN

ドローン操縦士になるためには?具体的な仕事内容や必要な資格について

様々な分野で活躍するようになってきたドローン、ドローンはもはや趣味という枠を超えていると言っても過言ではありません。将来はドローン操縦士として活躍したいと考えている人もいます。ここではドローン操縦士の仕事内容や資格につい […]

COLUMN

選ぶ基準とは?ドローンのカメラの解像度や望遠機能について解説

空からの映像を気軽に楽しめることから人気のドローンですが、カメラのスペックは日に日に進歩しています。今回はドローンのカメラの解像度や望遠機能について解説します。手頃な価格のドローンも紹介するので是非参考にしてくださいね!

COLUMN

農業用ドローンの導入における補助制度はある?

農業の分野でも使用されるようになったドローン、農林水産省が推奨する「スマート農業」の目玉であると言っても過言ではありません。しかしいざドローンを導入しようとしても初期費用がかかるので躊躇しているという人もいるようです。今 […]

COLUMN

ドローンの操作距離が違うのはなぜ?機体ごとの操作距離を比較しよう

空高く飛ばすことができるドローン、上空からの映像はロマンに満ち溢れています。できるだけ遠くまで飛ばして空撮を楽しみたいという人もいるでしょう。しかしドローンの機体によって操作距離は違います。今回はドローンの操作距離を機体 […]

COLUMN

台湾でドローンは飛ばせる?その条件とは

カメラ搭載のドローンを飛ばせば、旅行先などで空から観光地の撮影ができます。では、多くの日本人が観光旅行で訪れる台湾ではドローンを飛ばすことはできるのでしょうか?

COLUMN

自宅の庭でドローンを飛ばすのは違法?

ドローンの飛行には法律でさまざまな規制がかけられていますが、自分の敷地、例えば自宅の庭などでドローンを飛ばすのは違法なのでしょうか?

© DRONE NEWS