トランプ大統領、ドローン配送テストの規制緩和のための大統領令

アメリカのトランプ大統領は、ドローンの商用利用への規制緩和のための大統領令を発した。これにより、Amazonや「Project Wing」を運営する、Googleの親会社のAlphabeのようなテクノロジー企業はドローンのテスト規模を拡大できる可能性がある。

トランプ氏が米国時間10月25日に発した大統領令は、州政府と地方自治体に対して、米連邦航空局(FAA)のテストプログラム承認を得るにあたり、迅速なテスト実施と利用拡大を目指すよう促すもの。

この大統領令により、米国で現在制限されている

●人の頭上での飛行や夜間飛行
●長距離飛行
●荷物を搭載した飛行

などにもテストプログラムが適用されることになりそうだ。

AmazonやAlphabetなどの企業は、顧客に低価格で早く荷物を届けるため、ドローンを使用した配達技術を開発中である。ただ、こうした技術の実用化までには、安全性と有効性に関する厳しい審査を乗り越える必要があることが言うまでもない。

FAAは10月、群衆の頭上でドローンを飛行させる許可をCNNに与えている。
これは連邦政府機関が人の頭上における無人航空機の無制限飛行に対し、規制を免除した初の事例となった。

今回の大統領令の背景としてホワイトハウスは、ドローンへの過度な規制がこの分野の発展を阻害するものだとし、リーダーシップを取る立場となるために技術革新を後押したいと語った。

参照:「トランプ米大統領、ドローン商用利用の規制緩和を促す大統領令を発令」「トランプ大統領、ドローン配送テスト促す大統領令に署名

 

COLUMN

台湾でドローンは飛ばせる?その条件とは

カメラ搭載のドローンを飛ばせば、旅行先などで空から観光地の撮影ができます。では、多くの日本人が観光旅行で訪れる台湾ではドローンを飛ばすことはできるのでしょうか?

COLUMN

自宅の庭でドローンを飛ばすのは違法?

ドローンの飛行には法律でさまざまな規制がかけられていますが、自分の敷地、例えば自宅の庭などでドローンを飛ばすのは違法なのでしょうか?

COLUMN

空撮ドローンを飛ばすには免許が必要?

カメラ付きのドローンも低価格で購入できるようになり、旅行に空撮用ドローンを持っていきたいと考えている人も多いのではないでしょうか。今回は、ドローンを使って空撮したい場合、どのような免許が必要になるのか紹介します。

COLUMN

ドローンを紛失したり墜落させたりした場合、保険の補償は受けられる?

ドローンを紛失したり墜落させたりして機体を回収できない場合、加入しているドローン保険の補償は受けられるのでしょうか?

COLUMN

技適マークのないドローンを飛ばすのは違法?

技適マークが付いていないドローンを飛ばすと、どんな場合でも違法になってしまうのでしょうか?ここでは、ドローンと技適マークの関係性と違法になるのか、という点について解説します。安全にドローンを飛ばすために、ぜひ参考にしてく […]

COLUMN

海上などで空撮ドローンを飛ばすには許可や免許が必要?

ドローンが一般家庭にも普及して身近な存在になり、趣味で公園、山、海上などに空撮ドローンを飛ばしたいと思っている人も多いことでしょう。では、空撮ドローンを使用するには許可や免許は必要なのでしょうか?

COLUMN

プロのドローン操縦士になりたい人が取るべき資格とは?

ドローンが普及してきたいま、ドローン操縦を仕事にしたいと考えている方もいるのではないでしょうか。今回の記事では、プロのドローン操縦士になるために役立つ資格をご紹介したいと思います。

COLUMN

ドローンを飛ばして映像を地上に送信する場合、どんな資格が必要?

ドローンをつかう際に、映像を地上に送信したいと思う方もいるかもしれません。映像を地上に送信するドローンを操縦するには資格が必要なのでしょうか。ここでは、資格の有無と併せて、資格が必要な場合、どのような資格が必要になるのか […]

© DRONE NEWS