ドローンが練習できる飛行場の今後は?

ドローンは航空法で規制され、条件によっては申請で飛行許可を得る必要がある。
人口集中地区を飛行させる際にも申請が必要だが、首都圏はほぼこれに当てはまってしまうため、飛行できる場所は非常に限られる。
ちなみに、私有地であったとしても人口密集地区になっていれば、申請はしなくてはいけない。たとえそれが大邸宅であっても、申請許可がなければ庭でのドローン飛行はNGとなる。

さて、このような事情でドローンを飛行させる場所は数少なく、首都圏でドローン飛行の練習となると探すのは困難を極める。
首都圏から通えるほどの距離にあるドローン練習場はいくつか存在するが、その中で少し異色なのは、茨城県古河市のドローン練習場で、誰でも無料で利用できる。この練習場はなんと市営なのである。

ドローンが脚光を浴びている今、ビジネス利用としてスキルを得たいと考える人や、ホビー目的でドローンを触ってみたい人が確実に増えている。このようなニーズに応じるために、ドローン練習場は今後ますます増えていくと考えられる。

つい先日も、DJI公認ドローン屋内飛行場が東京都葛飾区にオープンしたという報があった(参考:「DJI公認屋内飛行場「DJI ARENA BY JDRONE TOKYO」が21日オープン」)。

地方自治体も民間も、多くのドローン操縦者を受け入れる段階に入ってきたということだろう。

ドローン練習場が少ない現状では、「ドローンを飛行させられるだけでありがたい」という感想になりがちだろう。しかし、しばらくして練習場自体が増えてくれば、サービスや施設などの特色を加味して、ユーザーが練習場を選ぶ段階に突入するだろう。

COLUMN

いま注目のドローンレースとは?レースへの参加方法と上達のコツ

ドローンの大きな魅力はダイナミックかつ臨場感あふれる「空撮」ですが、もう一つ、忘れてはいけない「ドローンならでは」の大きな魅力があります。それがドローンレースです。ドローンの普及とともに注目度もアップしているドローンレー […]

COLUMN

ドローン専門ポータルストア「DRONE THE WORLD」とは

COLUMN

映画×ドローンの盛り上がり。「ドローン映画祭」やドローンを題材にした映画も

COLUMN

ゲーム感覚でドローンが楽しめる、無料のドローン体感アプリやシミュレータ紹介

COLUMN

ドローンでFPV飛行をしよう!1万円以下のおすすめFPVゴーグル3選

COLUMN

東京ガールズコレクションでドローンが飛んだ–テクノロジーの第一人者たちが語った、壮大なプロジェクトの舞台裏

COLUMN

広大な土地はドローン利用に最適?北海道のドローン事情

COLUMN

ドローンを株式テーマとする有力銘柄5選。商用ドローンの将来性と経済効果は?

© DRONE NEWS