ドローンが練習できる飛行場の今後は?

ドローンは航空法で規制され、条件によっては申請で飛行許可を得る必要がある。
人口集中地区を飛行させる際にも申請が必要だが、首都圏はほぼこれに当てはまってしまうため、飛行できる場所は非常に限られる。
ちなみに、私有地であったとしても人口密集地区になっていれば、申請はしなくてはいけない。たとえそれが大邸宅であっても、申請許可がなければ庭でのドローン飛行はNGとなる。

さて、このような事情でドローンを飛行させる場所は数少なく、首都圏でドローン飛行の練習となると探すのは困難を極める。
首都圏から通えるほどの距離にあるドローン練習場はいくつか存在するが、その中で少し異色なのは、茨城県古河市のドローン練習場で、誰でも無料で利用できる。この練習場はなんと市営なのである。

ドローンが脚光を浴びている今、ビジネス利用としてスキルを得たいと考える人や、ホビー目的でドローンを触ってみたい人が確実に増えている。このようなニーズに応じるために、ドローン練習場は今後ますます増えていくと考えられる。

つい先日も、DJI公認ドローン屋内飛行場が東京都葛飾区にオープンしたという報があった(参考:「DJI公認屋内飛行場「DJI ARENA BY JDRONE TOKYO」が21日オープン」)。

地方自治体も民間も、多くのドローン操縦者を受け入れる段階に入ってきたということだろう。

ドローン練習場が少ない現状では、「ドローンを飛行させられるだけでありがたい」という感想になりがちだろう。しかし、しばらくして練習場自体が増えてくれば、サービスや施設などの特色を加味して、ユーザーが練習場を選ぶ段階に突入するだろう。

COLUMN

台湾でドローンは飛ばせる?その条件とは

カメラ搭載のドローンを飛ばせば、旅行先などで空から観光地の撮影ができます。では、多くの日本人が観光旅行で訪れる台湾ではドローンを飛ばすことはできるのでしょうか?

COLUMN

自宅の庭でドローンを飛ばすのは違法?

ドローンの飛行には法律でさまざまな規制がかけられていますが、自分の敷地、例えば自宅の庭などでドローンを飛ばすのは違法なのでしょうか?

COLUMN

空撮ドローンを飛ばすには免許が必要?

カメラ付きのドローンも低価格で購入できるようになり、旅行に空撮用ドローンを持っていきたいと考えている人も多いのではないでしょうか。今回は、ドローンを使って空撮したい場合、どのような免許が必要になるのか紹介します。

COLUMN

ドローンを紛失したり墜落させたりした場合、保険の補償は受けられる?

ドローンを紛失したり墜落させたりして機体を回収できない場合、加入しているドローン保険の補償は受けられるのでしょうか?

COLUMN

技適マークのないドローンを飛ばすのは違法?

技適マークが付いていないドローンを飛ばすと、どんな場合でも違法になってしまうのでしょうか?ここでは、ドローンと技適マークの関係性と違法になるのか、という点について解説します。安全にドローンを飛ばすために、ぜひ参考にしてく […]

COLUMN

海上などで空撮ドローンを飛ばすには許可や免許が必要?

ドローンが一般家庭にも普及して身近な存在になり、趣味で公園、山、海上などに空撮ドローンを飛ばしたいと思っている人も多いことでしょう。では、空撮ドローンを使用するには許可や免許は必要なのでしょうか?

COLUMN

プロのドローン操縦士になりたい人が取るべき資格とは?

ドローンが普及してきたいま、ドローン操縦を仕事にしたいと考えている方もいるのではないでしょうか。今回の記事では、プロのドローン操縦士になるために役立つ資格をご紹介したいと思います。

COLUMN

ドローンを飛ばして映像を地上に送信する場合、どんな資格が必要?

ドローンをつかう際に、映像を地上に送信したいと思う方もいるかもしれません。映像を地上に送信するドローンを操縦するには資格が必要なのでしょうか。ここでは、資格の有無と併せて、資格が必要な場合、どのような資格が必要になるのか […]

© DRONE NEWS