日立が不審ドローンを迅速に発見するシステムを提供 12月より

日立製作所は10月6日、施設の上空から接近する不審なドローンを迅速に発見するドローン検知システムを、2017年12月より提供開始すると発表。

同システムは、レーダー1台、カメラ1台、操作端末など一式で構成されるが、小型軽量で持ち運びが容易である。ケーブルを接続しレーダー、カメラの設置位置や向きなどの設定を行うだけで利用できる。そのため、少人数のスタッフで短時間での設置・運用・撤収が可能。

また、レーダーおよびカメラを地図ソフトウェアと連携させることで、不審なドローンの侵入経路や検知位置、映像などを地図ソフトウェア上に表示する。

同システムではレーダーを用いて不審なドローンを検知するため、従来の検知手法では難しかった、大きな音のするイベント会場や他の電子機器の電波が飛び交う場所でも利用可能となっている。

加えて、レーダーの検知情報をもとにしてカメラが作動し、不審ドローンを追尾することもできるという。

参照:「日立、不審なドローンを迅速に発見するドローン検知システム提供

COLUMN

いま注目のドローンレースとは?レースへの参加方法と上達のコツ

ドローンの大きな魅力はダイナミックかつ臨場感あふれる「空撮」ですが、もう一つ、忘れてはいけない「ドローンならでは」の大きな魅力があります。それがドローンレースです。ドローンの普及とともに注目度もアップしているドローンレー […]

COLUMN

航空管制室さながらにドローン空撮をリアルタイムで管理する「DRONE SCOPE」とは

COLUMN

ドローン専門ポータルストア「DRONE THE WORLD」とは

COLUMN

東京ガールズコレクションでドローンが飛んだ–テクノロジーの第一人者たちが語った、壮大なプロジェクトの舞台裏

COLUMN

那賀町(なかちょう)とドローンの関係とは

COLUMN

日本はドローン事業先進国!実用化されているドローンビジネスをご紹介

COLUMN

広大な土地はドローン利用に最適?北海道のドローン事情

COLUMN

数年後には2兆円市場に?国内外のドローン産業について

© DRONE NEWS