血液サンプルをドローンで輸送 スイスで運用開始

スイス政府は2017年3月、人口が密集している都市を対象とした、無人物流ネットワークの運営企業に米Matternetを認定した。
患者ケアと病院のコスト削減の為、ドローンを用いた同社の血液サンプル・医療情報収集システム「Matternetステーション」を10月より運用開始するという。

Matternetステーションは、自律型ドローンとクラウドにより、医療施設間ネットワークを構築していくシステムだ。
ステーションには、ドローンの充電と、スムーズな離着陸ができるパッドが完備され、病院は迅速に血液サンプルや医療情報を送受できるようになるという。

緊急に輸血が必要な患者の血液型を判定することできないとき、血液サンプルをタクシーなどで運搬することは難しい(通常、血液サンプルは機密扱いだ)。そこでドローンを用いて空輸で血液サンプルを運搬するのがMatternetステーションである。

Matternetステーションを利用した血液サンプルの運搬は、以下の流れで行われる。

1、QRコードがついたボックスに血液サンプルをパッケージングする
2、ステーションのQRコードをスマートフォンでスキャンし、ボックスを預ける
3、ステーションは待機していたドローンにボックスをセットして離陸する
4、ドローンは正確な信号で案内されながら飛行し、検査施設に設置されたステーションに着陸する
5、血液サンプルが到着したことをアプリを通じて通知されたら、検査施設の技術者がスマートフォンでQRコードをスキャンし、ステーションのロックを解除して受け取る

最後に、アプリを通じて結果をクラウドに上げれば、現場で参照可能となる。

この空輸システムを使えば運転手が不要で渋滞も関係なく、しかも直観的な操作であるため、医療技術者の負担が少ない。これで30分以内にどの医療施設にも医療アイテムを配送することができるようになるとのことだ。

まずは一部での運用が始まり、年末にはスイスの医療施設間ネットワークの運営を開始する運びとなっている。

参照:「血液サンプルを運ぶ自律型ドローンがスイスの空を飛び回る

 

COLUMN

Delairから200,000ユーロの高級ドローンが登場

COLUMN

今後ドローン操縦が免許制になる可能性はある?

自動車の運転とは違い、ドローンを操縦するのに免許は現在のところ必要ありません。では、近い将来、ドローン操縦が免許制になる可能性はあるのでしょうか?

COLUMN

山の上でのドローン空撮!高度規制と落とし穴について徹底解説

SNSに投稿される山の上でのドローン空撮は多くのドローンファンの目をくぎ付けにします。「チャレンジしてみたい!」と思うかもしれませんが、知っておくべき高度制限と落とし穴があるので注意が必要です。

COLUMN

ドローン操縦士になるためには?具体的な仕事内容や必要な資格について

様々な分野で活躍するようになってきたドローン、ドローンはもはや趣味という枠を超えていると言っても過言ではありません。将来はドローン操縦士として活躍したいと考えている人もいます。ここではドローン操縦士の仕事内容や資格につい […]

COLUMN

選ぶ基準とは?ドローンのカメラの解像度や望遠機能について解説

空からの映像を気軽に楽しめることから人気のドローンですが、カメラのスペックは日に日に進歩しています。今回はドローンのカメラの解像度や望遠機能について解説します。手頃な価格のドローンも紹介するので是非参考にしてくださいね!

COLUMN

農業用ドローンの導入における補助制度はある?

農業の分野でも使用されるようになったドローン、農林水産省が推奨する「スマート農業」の目玉であると言っても過言ではありません。しかしいざドローンを導入しようとしても初期費用がかかるので躊躇しているという人もいるようです。今 […]

COLUMN

ドローンの操作距離が違うのはなぜ?機体ごとの操作距離を比較しよう

空高く飛ばすことができるドローン、上空からの映像はロマンに満ち溢れています。できるだけ遠くまで飛ばして空撮を楽しみたいという人もいるでしょう。しかしドローンの機体によって操作距離は違います。今回はドローンの操作距離を機体 […]

COLUMN

台湾でドローンは飛ばせる?その条件とは

カメラ搭載のドローンを飛ばせば、旅行先などで空から観光地の撮影ができます。では、多くの日本人が観光旅行で訪れる台湾ではドローンを飛ばすことはできるのでしょうか?

© DRONE NEWS