ドローンに「興味あり」が約半数!アウトドアに関する調査

株式会社スペースキーが運営する、アウトドアに関する調査・研究機関「アウトドア総研」がドローンに関する調査を実施し、その結果をレポートにまとめた。ドローンは空撮や飛行可能地点の観点からアウトドアと相性が良いと考えられる。今回はこの調査結果を抜粋して紹介する。

■アウトドアユーザーのドローンの所有率と購入意欲について
所有率:4.8%
興味あり:48.5%
興味なし:46.7%

■ドローン所有者のドローン利用シーン
買ったが使っていない:40.0%
自宅・庭:35.7%
アウトドア:35.7%

■「興味はあるが未購入」のその理由
金額:47.1%
場所:45.6%
マナー、法令:36.1%

調査結果からドローンの所有は5%未満であることが判明したが、興味があるという回答は約半数となり、今後拡大していく可能性がある。
また、興味なしも同じく約半数であることから、同じフィールドでアウトドアを楽しむユーザー同士でドローンを巡る意見の対立やトラブルが発生するなどいった可能性も否めない。

また、購入したものの使っていないユーザーが40%、アウトドアシーンで利用しているユーザーも40%弱にとどまる結果となった。ドローンの楽しみ方や、飛行場所の認知がなされていない可能性がある。

興味はあるが未購入のうちの約半数が、ドローンの「金額」を購入の壁と感じている。場所やマナー、法令についても周囲にドローンユーザーがいないなど、情報が不足しているなどの理由が考えられる。

今回の調査結果から、ドローンをフィールドで活用する人はまだ少ないものの、今後の広がりによってはアウトドアを楽しむ人同士でドローンを巡る意見の対立などが起こる可能性があることが判明。
現状法規制が十分ではないことからも、ユーザー間や施設側でのルール作りが肝要となるだろう。
企業側の努力としては、ドローンの楽しみ方や法規制の情報の提供、飛行可能場所の情報の提供を行うことが今後のドローン利用拡大の鍵となりそうだ。

参照:「-紅葉・秋冬キャンプ 新しい楽しみ方となるか- ドローン所有率4.8%“興味あり”は約半数買わない理由「金額」「場所」「マナー」」

 

 

 

COLUMN

Delairから200,000ユーロの高級ドローンが登場

COLUMN

今後ドローン操縦が免許制になる可能性はある?

自動車の運転とは違い、ドローンを操縦するのに免許は現在のところ必要ありません。では、近い将来、ドローン操縦が免許制になる可能性はあるのでしょうか?

COLUMN

山の上でのドローン空撮!高度規制と落とし穴について徹底解説

SNSに投稿される山の上でのドローン空撮は多くのドローンファンの目をくぎ付けにします。「チャレンジしてみたい!」と思うかもしれませんが、知っておくべき高度制限と落とし穴があるので注意が必要です。

COLUMN

ドローン操縦士になるためには?具体的な仕事内容や必要な資格について

様々な分野で活躍するようになってきたドローン、ドローンはもはや趣味という枠を超えていると言っても過言ではありません。将来はドローン操縦士として活躍したいと考えている人もいます。ここではドローン操縦士の仕事内容や資格につい […]

COLUMN

選ぶ基準とは?ドローンのカメラの解像度や望遠機能について解説

空からの映像を気軽に楽しめることから人気のドローンですが、カメラのスペックは日に日に進歩しています。今回はドローンのカメラの解像度や望遠機能について解説します。手頃な価格のドローンも紹介するので是非参考にしてくださいね!

COLUMN

農業用ドローンの導入における補助制度はある?

農業の分野でも使用されるようになったドローン、農林水産省が推奨する「スマート農業」の目玉であると言っても過言ではありません。しかしいざドローンを導入しようとしても初期費用がかかるので躊躇しているという人もいるようです。今 […]

COLUMN

ドローンの操作距離が違うのはなぜ?機体ごとの操作距離を比較しよう

空高く飛ばすことができるドローン、上空からの映像はロマンに満ち溢れています。できるだけ遠くまで飛ばして空撮を楽しみたいという人もいるでしょう。しかしドローンの機体によって操作距離は違います。今回はドローンの操作距離を機体 […]

COLUMN

台湾でドローンは飛ばせる?その条件とは

カメラ搭載のドローンを飛ばせば、旅行先などで空から観光地の撮影ができます。では、多くの日本人が観光旅行で訪れる台湾ではドローンを飛ばすことはできるのでしょうか?

© DRONE NEWS