ドバイでドローンタクシーの試験飛行が始まる

アラブ首長国連邦(UAE)のドバイが25日、空飛ぶタクシーに使用するドローンの試験飛行を開始。世界初となるドローンタクシー導入を目指す。

ドローンはドイツのボロコプター社が開発したもので、2人乗りのヘリコプターに似た形状で屋根部分の大きなリングに18基のプロペラが付いている機体。今回の試験飛行は無人で行われた。

ドローンの最大飛行時間は30分で、予備バッテリーなどの他、緊急事態に備えてパラシュート2個が積まれている。ボロコプター社は5年以内の運用開始を目指しているという。

空飛ぶタクシーの開発に目を向けているのは、ドバイだけではない。
エアバスが2020年までに自動操縦機の導入を目指しているほか、米グーグルの共同創始者ラリー・ペイジ氏が支援するキティ・ホークや、ウーバーも空飛ぶタクシーの開発を手掛けるなど活気づいている。

UAEはハイテクを活かした未来志向の社会の構築を目指し、他のアラブ諸国に差をつけようとしているという。事実、これまでにも無人運転鉄道システムやロボット警官を導入している。

参照:「ドバイで「空飛ぶタクシー」の試験開始、世界初の導入目指し

COLUMN

いま注目のドローンレースとは?レースへの参加方法と上達のコツ

ドローンの大きな魅力はダイナミックかつ臨場感あふれる「空撮」ですが、もう一つ、忘れてはいけない「ドローンならでは」の大きな魅力があります。それがドローンレースです。ドローンの普及とともに注目度もアップしているドローンレー […]

COLUMN

航空管制室さながらにドローン空撮をリアルタイムで管理する「DRONE SCOPE」とは

COLUMN

ドローン専門ポータルストア「DRONE THE WORLD」とは

COLUMN

東京ガールズコレクションでドローンが飛んだ–テクノロジーの第一人者たちが語った、壮大なプロジェクトの舞台裏

COLUMN

那賀町(なかちょう)とドローンの関係とは

COLUMN

世界のドローン界を席巻!中国のドローン事情

COLUMN

日本はドローン事業先進国!実用化されているドローンビジネスをご紹介

COLUMN

広大な土地はドローン利用に最適?北海道のドローン事情

© DRONE NEWS