アメリカ海兵隊が3Dプリンターで作ったドローンを開発 偵察機に

近年ドローンの技術の発展と実用化の波の勢いにはすさまじいものがあるが、もう一つ大きく進化を遂げたものに「3Dプリンター」がある。たとえば歯科のセラミック治療でも、スキャニングと3Dプリンターの技術によって短時間での治療が可能となっているという。

そしてこのたびアメリカの海兵隊の次世代ロジティクスチーム「NexLog」が、「3Dプリントで出力したドローン」を開発した。アメリカ海兵隊ではイラクやアフガニスタンで偵察用のドローン「RQ-11 Raven」を投入してきたが、墜落のリスクと隣り合わせにもかかわらず、そのコストは高かった(翼1つあたりの修理代は日本円で約90万円)。

(画像出典:POPULAR SCIENCE)

そこで損傷を受けたパーツを簡単に出力可能で、必要な時に応じて分解・組み立てが行えるモジュール式のドローンの開発に乗り出した。完成したプロトタイプのドローンは、翼の修理代として日本円で約890円しかかからないという。

飛行可能な時間や搭載可能なカメラの質は下がるものの、コスト面でのアドバンテージが大きいため今後は偵察機として投入されていくもよう。

参照:「3Dプリンター製のiPhoneより安価なドローンが海兵隊によって製造される

COLUMN

いま注目のドローンレースとは?レースへの参加方法と上達のコツ

ドローンの大きな魅力はダイナミックかつ臨場感あふれる「空撮」ですが、もう一つ、忘れてはいけない「ドローンならでは」の大きな魅力があります。それがドローンレースです。ドローンの普及とともに注目度もアップしているドローンレー […]

COLUMN

ドローン専門ポータルストア「DRONE THE WORLD」とは

COLUMN

東京ガールズコレクションでドローンが飛んだ–テクノロジーの第一人者たちが語った、壮大なプロジェクトの舞台裏

COLUMN

世界のドローン界を席巻!中国のドローン事情

COLUMN

広大な土地はドローン利用に最適?北海道のドローン事情

COLUMN

ドローンを株式テーマとする有力銘柄5選。商用ドローンの将来性と経済効果は?

COLUMN

あす開校!福岡県2校目「ドローンスクールジャパン福岡中央校」

COLUMN

株の世界にもドローン!ドローン関連銘柄をチェックしよう

© DRONE NEWS