ドローン業界トップのDJIの牙城を崩す難しさ

突然だが、日本のスマートフォンのシェアはiPhoneがダントツである。大ざっぱに言って、スマートフォンで当メディアをご覧の読者のうち半数ほどが、iPhoneを覗き込んでいるということになるだろう。

ドローン界のシェアのトップはDJI社で、同社を代表する機体がPhantomシリーズである。ドローンと言えばPhantomが真っ先に思い浮かぶくらいのもので、そのためDJI社を「ドローン界のapple社」などと呼ぶ人もいる。

トップシェアPhantomはどうして強いのか

スマートフォンならiPhone、オフィスソフトならMicrosoftOffice、そしてドローンならphantom。一度シェアを獲得した大手の牙城を崩すのは並大抵のことではない。

理由はシンプルで、純粋にユーザーが増えることで製品はよりよくなる上に、もしも使用していて疑問が生まれても解決がしやすい土壌が作られるからである。おそらくあなたが体験するトラブルは、世界中のどこかのユーザーがすでに体験して解決しているものとなる。この安心感は大きい。

トップシェアを選ぶと安心

そのため、後に続く人たちも結局はトップシェアの製品を選びやすくなる。このことはあなたも経験的にご存じのはずだ。
Phantomもドローンのスタンダードとしてさまざまな実験台としても使われやすく(参考:「【高電圧実験】ドローンが雷に打たれたらどうなるのか?」)、何かと目に入りやすい存在となっているため、初心者が手に取りやすい。

DJI社をはじめとした中国のドローン関連企業は、この意味で強すぎるのだ。

日本のスタートアップを支援するために、ドローンファンドが設立されたというニュースは記憶に新しい(その時の記事はこちら)。中国のドローン関連企業の製品とどう差異化した物作りを行うのか、見守っていきたい。

COLUMN

技適マークのないドローンを飛ばすのは違法?

技適マークが付いていないドローンを飛ばすと、どんな場合でも違法になってしまうのでしょうか?ここでは、ドローンと技適マークの関係性と違法になるのか、という点について解説します。安全にドローンを飛ばすために、ぜひ参考にしてく […]

COLUMN

海上などで空撮ドローンを飛ばすには許可や免許が必要?

ドローンが一般家庭にも普及して身近な存在になり、趣味で公園、山、海上などに空撮ドローンを飛ばしたいと思っている人も多いことでしょう。では、空撮ドローンを使用するには許可や免許は必要なのでしょうか?

COLUMN

プロのドローン操縦士になりたい人が取るべき資格とは?

ドローンが普及してきたいま、ドローン操縦を仕事にしたいと考えている方もいるのではないでしょうか。今回の記事では、プロのドローン操縦士になるために役立つ資格をご紹介したいと思います。

COLUMN

ドローンを飛ばして映像を地上に送信する場合、どんな資格が必要?

ドローンをつかう際に、映像を地上に送信したいと思う方もいるかもしれません。映像を地上に送信するドローンを操縦するには資格が必要なのでしょうか。ここでは、資格の有無と併せて、資格が必要な場合、どのような資格が必要になるのか […]

COLUMN

ドローンとラジコンヘリコプターの違いとは?

昨今、趣味や空撮映像などで話題となっているドローンですが、同じようにコントローラーで操作するラジコンヘリコプターとはどう違うのでしょうか。ラジコンヘリコプターのような形(シングルローダー型)のドローンは存在するのでしょう […]

COLUMN

東京都でドローンを飛ばせるところはあるの?

面白そうだからドローンを趣味で始めたいと思っている人も多いのではないでしょうか?ここでは東京都で直面する飛ばせる場所を確保することに関する問題と、実際にどこで練習することができるのかについて説明します。

COLUMN

ドローンを使ったビジネスを始めるにはどうすればいいのか

ドローンがますます普及するに従い、様々なビジネスの可能性が広がっています。ここではドローンを使ったビジネスにはどのようなものがあるのか、ドローンを使ったビジネスを始めるにはどうすればいいのかについて解説します。

COLUMN

一般人がドローンを使って屋根の点検をしても大丈夫?

ドローンを使えば屋根の点検も簡単にできます。ドローンを使うことのメリットや、一般人が自分でドローンを使って屋根の点検をしても大丈夫なのかについて説明します。

© DRONE NEWS