農業分野でのドローン活用①――IT農業とは?

「ドローンの活用」というとSFのようなものを想像してしまいがちだ。たとえばそれは、自動運転の車の中から複数のドローンが舞い上がり、宅配の荷物を届けるといった光景である。
もちろん、そういった未来が来ないとは言わない。
しかし、現状ドローンは「SFではない」仕事にいそしんでいる。

ドローンビジネスが先行しているのは農業分野なのである。

ドローンのIT農業

日本では1980年代にすでにヤマハ発動機の無人ヘリが農薬散布を行っていたことから、この分野へのドローンの活用が先んじたのは当然の成り行きであっただろう。

しかし、今のドローンが無人ヘリができなかったことをやろうとしている。ドローンは農薬散布だけではなく、データを収集するマシーンとして役立てようとする研究と開発が進んでいるのだ。

データ分析イメージ

たとえば、ドローンに葉色センサーや放射温度計を搭載し、作物に病害や発育の遅れなどがないかチェックするというわけだ。お茶処の静岡でも、新茶の収穫時期を見るため、高解像度カメラを搭載したドローンが使われている。

このようなIT技術を活かした農業を、ずばり「IT農業」と呼ぶ。

ドローンがミツバチの代わりに?

IT農業が広がっていけば、「SF的」な利用ももちろん増えていくだろう。
そのひとつが、ミニドローンを用いてミツバチの代わりに受粉させようとする試みだ。現在世界中でミツバチの激減が報告されており、ドローンがミツバチの「代行」までもしてくれるのではないかと期待は高まっている。

COLUMN

台湾でドローンは飛ばせる?その条件とは

カメラ搭載のドローンを飛ばせば、旅行先などで空から観光地の撮影ができます。では、多くの日本人が観光旅行で訪れる台湾ではドローンを飛ばすことはできるのでしょうか?

COLUMN

自宅の庭でドローンを飛ばすのは違法?

ドローンの飛行には法律でさまざまな規制がかけられていますが、自分の敷地、例えば自宅の庭などでドローンを飛ばすのは違法なのでしょうか?

COLUMN

空撮ドローンを飛ばすには免許が必要?

カメラ付きのドローンも低価格で購入できるようになり、旅行に空撮用ドローンを持っていきたいと考えている人も多いのではないでしょうか。今回は、ドローンを使って空撮したい場合、どのような免許が必要になるのか紹介します。

COLUMN

ドローンを紛失したり墜落させたりした場合、保険の補償は受けられる?

ドローンを紛失したり墜落させたりして機体を回収できない場合、加入しているドローン保険の補償は受けられるのでしょうか?

COLUMN

技適マークのないドローンを飛ばすのは違法?

技適マークが付いていないドローンを飛ばすと、どんな場合でも違法になってしまうのでしょうか?ここでは、ドローンと技適マークの関係性と違法になるのか、という点について解説します。安全にドローンを飛ばすために、ぜひ参考にしてく […]

COLUMN

海上などで空撮ドローンを飛ばすには許可や免許が必要?

ドローンが一般家庭にも普及して身近な存在になり、趣味で公園、山、海上などに空撮ドローンを飛ばしたいと思っている人も多いことでしょう。では、空撮ドローンを使用するには許可や免許は必要なのでしょうか?

COLUMN

プロのドローン操縦士になりたい人が取るべき資格とは?

ドローンが普及してきたいま、ドローン操縦を仕事にしたいと考えている方もいるのではないでしょうか。今回の記事では、プロのドローン操縦士になるために役立つ資格をご紹介したいと思います。

COLUMN

ドローンを飛ばして映像を地上に送信する場合、どんな資格が必要?

ドローンをつかう際に、映像を地上に送信したいと思う方もいるかもしれません。映像を地上に送信するドローンを操縦するには資格が必要なのでしょうか。ここでは、資格の有無と併せて、資格が必要な場合、どのような資格が必要になるのか […]

© DRONE NEWS