東尋坊の自殺を防ぐためのドローン導入 地元のNPO

福井県坂井市で、ドローンを活用して自殺防止活動に役立てようという試みが始まった。これは地元のNPO法人「心に響く文集・編集局」がドローンを導入したもので、今後自殺志願者が相次ぐ東尋坊のパトロールに活用する。
監視活動での使用開始を翌日に控えた25日、茂幸雄代表(73)らメンバー8人が、九頭竜川河川敷で操縦訓練に励んだ。

東尋坊

同NPOは2004年から東尋坊周辺をパトロールし、これまでに計588人の自殺志願者を保護してきたという。ドローンを活用して目の届きにくい場所にいる人の発見や保護を行うことはもちろん、活動のPR効果・自殺の抑止力としての効果にも期待する。ドローンは国の助成金を活用して、37万円で購入したもの。

25日は福井市内で模型店を経営する中谷克次さん(64)の指導のもと、4K動画も撮影できる最新ドローンの操縦を学んだ。メンバーはドローン操縦については未経験者ばかりだが、自動での離着陸や発着点に戻る機能もあり、メンバーらは安心した様子で、パトロールでの活用に手応えを感じたようだ。

参照:「東尋坊の自殺、ドローンで防げ NPOが導入

COLUMN

台湾でドローンは飛ばせる?その条件とは

カメラ搭載のドローンを飛ばせば、旅行先などで空から観光地の撮影ができます。では、多くの日本人が観光旅行で訪れる台湾ではドローンを飛ばすことはできるのでしょうか?

COLUMN

自宅の庭でドローンを飛ばすのは違法?

ドローンの飛行には法律でさまざまな規制がかけられていますが、自分の敷地、例えば自宅の庭などでドローンを飛ばすのは違法なのでしょうか?

COLUMN

空撮ドローンを飛ばすには免許が必要?

カメラ付きのドローンも低価格で購入できるようになり、旅行に空撮用ドローンを持っていきたいと考えている人も多いのではないでしょうか。今回は、ドローンを使って空撮したい場合、どのような免許が必要になるのか紹介します。

COLUMN

ドローンを紛失したり墜落させたりした場合、保険の補償は受けられる?

ドローンを紛失したり墜落させたりして機体を回収できない場合、加入しているドローン保険の補償は受けられるのでしょうか?

COLUMN

技適マークのないドローンを飛ばすのは違法?

技適マークが付いていないドローンを飛ばすと、どんな場合でも違法になってしまうのでしょうか?ここでは、ドローンと技適マークの関係性と違法になるのか、という点について解説します。安全にドローンを飛ばすために、ぜひ参考にしてく […]

COLUMN

海上などで空撮ドローンを飛ばすには許可や免許が必要?

ドローンが一般家庭にも普及して身近な存在になり、趣味で公園、山、海上などに空撮ドローンを飛ばしたいと思っている人も多いことでしょう。では、空撮ドローンを使用するには許可や免許は必要なのでしょうか?

COLUMN

プロのドローン操縦士になりたい人が取るべき資格とは?

ドローンが普及してきたいま、ドローン操縦を仕事にしたいと考えている方もいるのではないでしょうか。今回の記事では、プロのドローン操縦士になるために役立つ資格をご紹介したいと思います。

COLUMN

ドローンを飛ばして映像を地上に送信する場合、どんな資格が必要?

ドローンをつかう際に、映像を地上に送信したいと思う方もいるかもしれません。映像を地上に送信するドローンを操縦するには資格が必要なのでしょうか。ここでは、資格の有無と併せて、資格が必要な場合、どのような資格が必要になるのか […]

© DRONE NEWS