ドローン事業支援 無料『事業セミナー』開催

ドローンに注目が集まるに従い、「ドローンを使って新たなビジネスが展開できないか?」と考える人々も増えてきた。しかし、そういう人々の大半も、ドローンがどのように動けるのか、できることとできないことは何か、といった具体的なイメージは有していないことも多い。

ごく簡単に言えば、ノウハウに欠けるということである。ドローンの知識を得る機会が、切実な需要となって顕在化してきたのだ。

そのような需要を受け、産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボットは、ドローンビジネスのノウハウを知ることができる『ドローン事業セミナー』を、銀座 本社のショールームで1月30日より随時開催することを決定した。

ドローン事業セミナーを開催する銀座本社

江東区潮見の「ドローンスクールジャパン東京校」で使える「無料操縦体験チケット」と、産業用ドローンの応用分野に関する「論文」という2つの特典が付き、参加費は無料となっている。

実はスカイロボット開催の事業セミナーは、今回が初の試みではない。

これまでも、学習者の希望に応じて「ドローンスクールジャパン東京校」で開催しており、「ドローンビジネスのノウハウを知ることができた」と好評を博していた。

そこで1月30日からは、会場をよりアクセスの便利な銀座本社に移し、日本で唯一の本格的な『ドローン事業セミナー』として随時開催していく運びとなった。

ドローンビジネスのノウハウを惜しみなく提供し、今後の市場性や需要拡大の根拠なども映像資料を多用してわかりやすく伝えるセミナーとのことで、注目が集まりそうだ。

銀座本社はショールームを併設していることもあり、ドローンビジネスの最前線で活躍している機材に触れることができ、これまで以上にビジネスとしてのドローン活用をイメージ・実感しやすいことだろう。

赤外線カメラ搭載ドローン、カラーボールマーキングシステム搭載ドローン、農薬散布用ドローン、太陽光発電所の清掃ロボットなどが一堂に集まるショールームは、日本ではここ以外にはない。

毎日15時~17時の開催で、完全予約制だ。
ドローンビジネスを始めてみたい方、ドローンについてのノウハウを身に付けたい方、ドローンを使った仕事に就きたい方など、誰でも参加できる。

スカイロボットのドローン事業セミナーの詳細と申込みはこちら

COLUMN

台湾でドローンは飛ばせる?その条件とは

カメラ搭載のドローンを飛ばせば、旅行先などで空から観光地の撮影ができます。では、多くの日本人が観光旅行で訪れる台湾ではドローンを飛ばすことはできるのでしょうか?

COLUMN

自宅の庭でドローンを飛ばすのは違法?

ドローンの飛行には法律でさまざまな規制がかけられていますが、自分の敷地、例えば自宅の庭などでドローンを飛ばすのは違法なのでしょうか?

COLUMN

空撮ドローンを飛ばすには免許が必要?

カメラ付きのドローンも低価格で購入できるようになり、旅行に空撮用ドローンを持っていきたいと考えている人も多いのではないでしょうか。今回は、ドローンを使って空撮したい場合、どのような免許が必要になるのか紹介します。

COLUMN

ドローンを紛失したり墜落させたりした場合、保険の補償は受けられる?

ドローンを紛失したり墜落させたりして機体を回収できない場合、加入しているドローン保険の補償は受けられるのでしょうか?

COLUMN

技適マークのないドローンを飛ばすのは違法?

技適マークが付いていないドローンを飛ばすと、どんな場合でも違法になってしまうのでしょうか?ここでは、ドローンと技適マークの関係性と違法になるのか、という点について解説します。安全にドローンを飛ばすために、ぜひ参考にしてく […]

COLUMN

海上などで空撮ドローンを飛ばすには許可や免許が必要?

ドローンが一般家庭にも普及して身近な存在になり、趣味で公園、山、海上などに空撮ドローンを飛ばしたいと思っている人も多いことでしょう。では、空撮ドローンを使用するには許可や免許は必要なのでしょうか?

COLUMN

プロのドローン操縦士になりたい人が取るべき資格とは?

ドローンが普及してきたいま、ドローン操縦を仕事にしたいと考えている方もいるのではないでしょうか。今回の記事では、プロのドローン操縦士になるために役立つ資格をご紹介したいと思います。

COLUMN

ドローンを飛ばして映像を地上に送信する場合、どんな資格が必要?

ドローンをつかう際に、映像を地上に送信したいと思う方もいるかもしれません。映像を地上に送信するドローンを操縦するには資格が必要なのでしょうか。ここでは、資格の有無と併せて、資格が必要な場合、どのような資格が必要になるのか […]

© DRONE NEWS