「ドローンスクールジャパン岩手金ケ崎校」開校! DSJ初!合宿免許対応校も!

「ドローンスクールジャパン岩手金ケ崎校」2017年6月14日(水)開校

東北最大級の屋内練習場完備!

DSJ初となる合宿免許対応校誕生!

~開校式にデモフライト・操縦体験会も 

岩手ドローンスクール

産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボットが、東北最大級の屋内飛行場を完備した『ドローンスクールジャパン岩手金ヶ崎校』を6月14日(水)に開校する。

明日の開校式では開校式典のほか、農薬散布ドローン、赤外線カメラ搭載ドローンのデモフライト及び操縦体験も実施する予定だ。 

産業用ドローン、市場規模は約15兆円!※1

東北最大級のドローンスクールで国内初となる合宿免許対応を開始

産業用ドローンはインフラ点検・農林業・捜索などに活用されていますが、急増する需要に対し、操縦士が不足しているのが現状だ。現在、ドローンの潜在市場は約15兆円※1と想定され、トンネルや橋梁、太陽光パネルなど、各種施設の点検への利用が始まっており、実験段階ではあるがドローンを利用した配送サービスに注目が集まっている。

ドローンサービスのニーズに対応するため「確かな操縦技術と知識を兼ね備えた操縦士」を目指し、東北最大級の屋内練習場「ドローンスクールジャパン岩手金ヶ崎校」が6月14日(水)開校する。

「ドローンスクールジャパン岩手金ヶ崎校」は、東北本線 JR金ケ崎駅から車で7分、北上・金ケ崎I.Cから車で 10分の場所に位置。東北最大級の屋内練習場を完備しており、ドローンスクールジャパン(DSJ)初の試みとなる合宿免許対応校である。仕事などでなかなか時間が割けない方でも合宿を利用することで、短期集中でドローン操縦の免許を取得することができる。

※1   英国ロンドンを本拠地とする世界的な監査・コンサルティンググループ PwC (Price Waterhouse Coopers)社調べ

認定証

未経験者も2日で操縦可能になる!

未来の操縦士を育成する充実したカリキュラムを準備した『ドローンスクールジャパン』

ドローンスクールジャパンでは初心者向けのコースからビジネスプロコースまでのカリキュラムが選べる般社団法人ドローン操縦士協会(DPA)認定スクールだ。修了者は DPA の認定資格を取得することができ、今後市場拡大が予想されるドローン操縦士を目指すことができる。

ドローンスクールジャパンでは、カリキュラムとして土木業界向けのドローン3Dマッピング講習、赤外線カメラを使った夜間の人命救助講習などが受講できるほか、 3D マッピングやレスキューなどの各種 「スマート農業コース」等も現在準備している。

その他、ドローンに全く触れたことのない方向けの2日間限定のカリキュラム「フライトコース」では、円移動や四角移動等、ドローン操縦士に必要な25種類の技能が2日間で習得できる。カリキュラムで習得できなかったスキルは、後日スキルアップコースによって習得可能だ。また、「ビジネス・プロコース」では、プロの操縦士を目指し、基礎技術が身に付く赤外線カメラ撮影など産業用ドローン操縦士に必要な20種類の技術が学べるコースとなっている。

ポイントまとめ

 

<スクール概要>

名称      ドローンスクールジャパン岩手金ケ崎校

代表      菅谷 忠寿

場所      岩手県胆沢郡金ケ崎町永栄上宿26-3(みどりの郷 スケートリンク内)

アクセス     東北新幹線 JR水沢江刺駅から車で20分

東北本線 JR金ケ崎駅から車で7分

東北自動車道 水沢I.Cから車で10分

北上・金ケ崎I.Cから車で 10分

営業時間   9:00~17:00(平日 月曜日~金曜日)

コース・料金  入会金は不要。

無料体験コースを実施。(実施期間:2017年6月14日(水)~7月31日(月))

無料説明会(6月19日、20日、21日、22日10:00~11:30 定員10名)

特定コースの修了者はDPAの認定資格を取得することができる。

星の数に応じたカード型の認定を発行。

 

詳しいことは下記までお問い合わせください。

ホームページ:www.dsj-iwate.co.jp

TEL: 0197‐47‐3110

MAIL:info@dsj-iwate.co.jp

COLUMN

今後ドローン操縦が免許制になる可能性はある?

自動車の運転とは違い、ドローンを操縦するのに免許は現在のところ必要ありません。では、近い将来、ドローン操縦が免許制になる可能性はあるのでしょうか?

COLUMN

山の上でのドローン空撮!高度規制と落とし穴について徹底解説

SNSに投稿される山の上でのドローン空撮は多くのドローンファンの目をくぎ付けにします。「チャレンジしてみたい!」と思うかもしれませんが、知っておくべき高度制限と落とし穴があるので注意が必要です。

COLUMN

ドローン操縦士になるためには?具体的な仕事内容や必要な資格について

様々な分野で活躍するようになってきたドローン、ドローンはもはや趣味という枠を超えていると言っても過言ではありません。将来はドローン操縦士として活躍したいと考えている人もいます。ここではドローン操縦士の仕事内容や資格につい […]

COLUMN

選ぶ基準とは?ドローンのカメラの解像度や望遠機能について解説

空からの映像を気軽に楽しめることから人気のドローンですが、カメラのスペックは日に日に進歩しています。今回はドローンのカメラの解像度や望遠機能について解説します。手頃な価格のドローンも紹介するので是非参考にしてくださいね!

COLUMN

農業用ドローンの導入における補助制度はある?

農業の分野でも使用されるようになったドローン、農林水産省が推奨する「スマート農業」の目玉であると言っても過言ではありません。しかしいざドローンを導入しようとしても初期費用がかかるので躊躇しているという人もいるようです。今 […]

COLUMN

ドローンの操作距離が違うのはなぜ?機体ごとの操作距離を比較しよう

空高く飛ばすことができるドローン、上空からの映像はロマンに満ち溢れています。できるだけ遠くまで飛ばして空撮を楽しみたいという人もいるでしょう。しかしドローンの機体によって操作距離は違います。今回はドローンの操作距離を機体 […]

COLUMN

台湾でドローンは飛ばせる?その条件とは

カメラ搭載のドローンを飛ばせば、旅行先などで空から観光地の撮影ができます。では、多くの日本人が観光旅行で訪れる台湾ではドローンを飛ばすことはできるのでしょうか?

COLUMN

自宅の庭でドローンを飛ばすのは違法?

ドローンの飛行には法律でさまざまな規制がかけられていますが、自分の敷地、例えば自宅の庭などでドローンを飛ばすのは違法なのでしょうか?

© DRONE NEWS