フィジーでドローン協会が発足予定

フィジーでは、ドローンコミュニティを強化するため「Fiji Drone Association」の設立が計画されています。この計画のコーディネーターであるSalmendra Chandは、「プロジェクトを始めるにあたって、Facebookページを作成し、フィジー東部の趣味、商用すべてのドローンパイロットに連絡をしました。皆で集まって議論をしたり、資格のあるプロに質問をしたりする機会を設けたいと思っています」と話しています。

 

ドローンは元来、人間が行うには「単調で、汚く、危険な(dull, dirty or dangerous)」作業のために使用されていました。しかし現在では、商業や、科学的調査、農業、警備、配達、空撮、そして楽しみのためなど、様々な用途で使われています。この度設立される「Fiji Drone Association」のテーマは「世界を広げ、楽しく、安全に」です。

 

フィジーではドローンの飛行は法律で認められていますが、Civil Aviation Authority of Fiji(CAAF)が定めるルールを守る必要があります。例えば、個人的な利用と商業利用どちらも事前に許可を得る必要がある、高度200フィート以上を飛行しない、ドローンは常に操縦者の見える範囲を飛行する、などです。「Fiji Drone Association」のミーティングでは、こういったルールの理解、徹底も図っていくということです。第1回のミーティングは2019年1月26日に、Suva Grammar Schoolで行われます。

NEWS

アメリカ・Amazonが新たに52の特許を取得 顔認識で本人確認するドローンなど

NEWS

米ウォルマートがブロックチェーンを使ってコミュニケーションするドローンの特許を申請

NEWS

FAAがドローン操縦者向けアプリをリリース。飛行可能範囲がマップ上でわかりやすく

NEWS

ドローンによる空港閉鎖が相次ぐ ドバイ国際空港で離陸が30分間停止

NEWS

米オクラホマ州政府、新たなドローン規制法案を検討

NEWS

翼幅38メートルの大型・高高度ドローンでマッピングや自然観測 イギリス

NEWS

参加条件は脳みそがあることだけ!「脳波ドローンレース」が南フロリダ大学で開催

NEWS

サーマルカメラ搭載のドローンで地雷探知 ニューヨークの大学生が開発

© DRONE NEWS