GoPro Karma QKWXX-511-JK

スペック情報

カメラ性能

カメラ搭載有無
標準
FPV
動画解像度
3840×2160
RAW撮影

本体性能

飛行時間
20分
充電時間
60分
操作可能距離
3000m
スマホ/タブレット対応
対応OS
iOS9以降/Android4.1以降
Wi-Fi内蔵
障害物検知
自動追尾機能
自動帰還
ジェスチャーコントロール
GPS
GLONASS
折りたたみ
 

サイズ・重量

全長×全幅×全高
303×411×117mm
重量
1006g

カラー

カラー
ホワイト系
 
 

Karma QKWXX-511-JKについて

Karma QKWXX-511-JKはGoProが出した初めてのドローンで、Karmaという機体にGoProカメラであるHERO 5 Blackが付属しています。空飛ぶGoProとして、高性能のGoPro HERO 5 Blackでの空撮ができるので高画質の映像を楽しめます。

 

バッテリーによる飛行時間は約20分、操作可能距離は3,000mなので広範囲の空撮にも対応。付属しているタッチディスプレイ付コントロールは飛行経験が少ない人でも操縦がしやすいつくりになっています。空撮をするなら綺麗な画質で収めたいという人にぴったりの高性能カメラ付きドローンです。

この機種のオススメポイント

最大の特徴はなんといってもカメラとしてHERO 5 Blackが搭載されており、臨場感のある視点でハイクオリティの空撮ができることです。HERO 5 Blackは4K動画と1,200万画素の静止画や連写、タイムラプスなどの様々なモードの撮影ができるGoProの中でも人気機種のアクションカメラです。

 

このHERO 5 Blackをドローンに設置して空撮カメラとして用いられるのはもちろんのこと、ハンド型スタビライザーのKarma Gripが付属しているので、ドローンから外して手持ち撮影も可能です。これらの付属品はすべてリュック型の専用ケースに収納できるので、簡単に持ち運んで旅行やアウトドアでの撮影を楽しめます。

 

Karma QKWXX-511-JKの価格17万円台ですが、人気のGoProカメラHERO 5 Black、Karma Gripに加えてドローン本体やスタビライザー、ハーネス、コントローラー、バッテリーなどドローンに必要なアイテムが一通り揃っているので、決して高い買い物にはならないでしょう。

 

ドローン本体の性能も良く、最高時速は約54km、バッテリー持続時間は約20分です。サイズは大きいですが、折りたたみ式のボディでコンパクトに収納できます。

 

専用コントローラーは液晶ディスプレイが付いており、スティックで操縦するタイプのものです。FPV視点とスティックでの操作で、操縦に慣れていない人でも比較的簡単にドローンを操作できます。離陸した地点への自動帰還機能もボタン一つで使用できるので、万が一の際も安心です。

 

飛行モードとしては、操縦者を撮影しながら一定の速さで上昇する「ドロニーモード」や、設定した2つの地点にカメラを固定したまま反復飛行する「ケーブルカメラモード」、焦点を一箇所に合わせたまま周囲を円形に飛び周る「オービットモード」などが搭載されています。

 

これらの撮影方法は操縦テクニックが求められますが、飛行モードのアシストで簡単に思い描いたような空撮映像が撮れるので、本格的な空撮を始めたい人にはぴったりのドローンです。