日本航空学園

事務局所在地
山梨県甲斐市宇津谷445

スクール概要

​実務運用を考えたカリキュラムと広大な飛行環境で訓練ができるドローンスクールです

昨今、急速に普及している無人航空機は「空の産業革命」といわれるように、新しい産業として成長できる大きな可能性を秘めていますが、一方において墜落や危険飛行による事故等のリスクも心配されています。

こうした状況を踏まえて国では航空法の改正をはじめさまざまな法整備を行っており、当財団では自家用操縦士養成の知識を活かして無人航空機の安全運航を担う人材の育成を目指し、平成28年6月より「JAAドローン・パイロットスクール」を開校し、今までに100人を超えるドローンパイロットを育成しています。

当スクールでは、今後様々な分野でのドローン活用を考え、実機操縦訓練カリキュラムを無人航空機操縦訓練に応用し、無人航空機の運航に当たっての安全性・信頼性を高めていくと共に、実務レベル必要な知識と技術を習得できるスクールとして高い評価を受けています。

 

画像

事業用コース

受講日数6日間
受講価格256,000円
ドローンを利用した航空測量が話題となっています。当スクールでは、日本航空学園山梨キャンパスの広大な飛行エリアを利用して「アジア航測株式会社」「一般社団法人 全国地域活性化支援機構」「学校法人 日本航空学園」の連携により航空測量に関する専門技術を学べる「用途別飛行証明(建設)取得」コースをスタートさせました。講習では、建設に関する基礎知識と、INSPIRE 2を使用して標定点を含む空撮エリアを自律飛行モードで撮影しドローンによる撮影技術学びます。また撮影した写真データをパソコンに取込み、点群データー解析ソフト「Pix4D」を使ってSfM(点群データを作成)などを行い、さらにi-constructionに対応したソフト「SiTE Scope」を使って出来高管理など建設に必要なデータ作成までを行います。

自家用コース

受講日数6日間
受講価格216,000円

RECOMMEND おすすめ記事

上に戻る