買うよりもお得?ドローンレンタルの料金事情を検証!

リモコン操作で空撮ができることから近年非常に人気が出ているドローンですが、いざ購入しようとなると中ランク程度の機体でも10〜20万円程と、決して手頃な価格では購入できないのが現状です。

そこで「ドローンで空撮してみたいけど、購入するのは難しい!」とお困りの方にオススメなのがドローンをレンタルするというやり方です。これなら手頃な価格でも使用することができそうですよね。

「少しだけ試してみたい」「導入を考えている」「定期で利用する予定はない」という方は、ぜひドローンのレンタルを検討してみてはいかがでしょうか?

日本全国で利用できる!ドローンレンタル会社の料金を比較

意外に思う人も多いかもしれませんが、実は、日本各地にドローンレンタル会社が存在します。そして、ほぼ日本全国、どこでもレンタルすることが可能となっています。

その料金はレンタル会社によってバラバラです。それぞれ料金プランなど異なりますので、いろいろな会社の料金やプランを比較して考えるといいでしょう。

例えば「Rereレンタル」という会社は最短で3泊4日から、全国どこでもドローンをレンタルすることができます。

取り揃えているドローンも初心者用〜上級者用までと幅が広く、利用するとRereポイントをもらうことができるので、次回以降の利用がお得になります。この会社はドローン以外の機材のレンタルも行っているので、とても便利ですね。

また、「RENTAL Drone.jp」は、ドローンレンタルに特化した会社です。

ドローン飛行の無料研修も行っているので、ドローンをまだ触ったことがないという人でも安心ですね。
この会社は、ドローンの飛行許可申請代行サービスも行っているので、200グラム以上のドローンを飛ばすときの面倒な申請手続きを省くこともできます。ただし、費用が5万円〜かかってしまいますので、要検討です。

 

ドローン飛行に必要な保険、レンタル料金に含まれている?

多くの人がドローンレンタルで気になることの1つに、保険があるのではないでしょうか?

ドローン飛行には常にリスクがつきものですので、万が一に備えてレンタルドローンを利用する際は、保険に加入することを強くオススメします。加入方法は、任意加入のケースと、あらかじめ商品が保険に加入しているケースがあります。

保険には機体保険と賠償保険の2種類があり、機体保険はドローンの故障、賠償保険は対人および対物事故に対応している保険です。

なお、レンタルドローンの保険に関しては、レンタル料金分だけをホームページなどに表示し、保険などの必要経費を後から追加してくる企業もあるので、あらかじめチェックするよう心がけてください。

 

ドローンをレンタルする前に知っておきたい注意点とは?

ドローンをレンタルする際に大変重要になるのが機種選びです。自分の操縦能力が初心者なのか中級者なのかによっても変わりますし、飛行させる場所の環境によってもドローンの飛行能力を見極める必要があります。

あえて挙げるとすれば、飛行安定性や衝突回避に優れた「Phantom 4 Pro」といったドローンであれば、汎用性が高くオススメの機材と言えるでしょう。また、荷物をコンパクトにしたい人には、折りたたみ可能な「Mavic Pro」シリーズがオススメです。

ドローンを飛ばすには、ドローン自体のレンタル料金以外にも費用がかかってしまうことを知っておきましょう。中には「レンタル費用は安いけれど輸送量が意外と割高…」というケースもあるので注意してください。

また、ドローンを日本国内で飛行させる場合には、航空法によって定められたルールを必ず守る必要があります。

航空法をクリアしている場合でも、小型無人機等の飛行禁止法や、都道府県や市区町村の条例、河川法や自然公園法といった法律に関しても考慮する必要がありますので、飛行対象地域ごとに確認するようにしましょう。

RECOMMEND おすすめ記事

上に戻る