初心者から上級者まで使える!おすすめの小型ドローンをご紹介

高機能で本格的なドローンは機体が大きいというイメージがありますが、小型ドローンの中にも、十分な機能を備えているモデルはあります。また、小型ドローンは携帯性に優れているので、旅行先などで空撮を行うときに便利です。今回は、初心者から上級者までおすすめの小型ドローンをご紹介します。

小型ドローンの定義とその魅力とは?

小型ドローンに明確な定義が存在しているわけではありませんが、よく使われている定義としては、「200g未満」かつ「持ち運びに便利」が基準となっています。軽くて持ち運びに便利なので、旅行に持って行き、旅先で空撮映像を撮影することもできます。

また、小型だからといってドローンの規制にかからないわけではありません。航空法では、200g未満のドローンは規制対象外ではあるものの、自治体の条例などで規制されている場合もあるので、注意が必要です。

 

忘れてはいけない!小型ドローンでも対象になる法規制とは

航空法では、200g未満の小型ドローンは規制対象外になっています。

しかし、先ほどもお伝えしたとおり、だからといって好き勝手に飛ばすことができるというわけではありません。航空法以外にも、ドローンを規制するルールがあることを知っておかなければいけないのです。

200g未満のドローンであっても、例えば、「国の重要な施設」「私有地の上空」「道路からの離着陸」などが規制されています。また、都道府県などの条例などによっては、ドローンの飛行が全面的に禁止されている場所もあります。

ドローン事故などの影響によって、規制が強くなっている傾向にあるので、ドローンを利用する際は、こういった規制についても確認しておきましょう。

 

小型ドローンならRyze Robotics社のTelloがおすすめ!

今回取り上げる小型ドローンの中でも、特におすすめなのが、Ryze Robotics社が販売している「Tello」です。

スマホの専用アプリを使った直感的な操作ができるので、非常に簡単です。指先一つで、思いのままの飛行ができるのは非常に楽しいでしょう。

また、機体についても、部品は人気ブランド「DJI」の水準で構成されたパーツを使っています。飛行時間は13分間と十分で、大容量のバッテリーを有しています。撮影できる静止画や動画に関しても高画質で、簡単にプロレベルの撮影ができるようになります。

また、ドローンの操作だけではなく、プログラミング「Scratch」も学ぶことができます。プログラミングによる自動飛行ができるようになるので、様々な使い方ができるようになりますね。

ドローン操作とプログラミングを同時に学ぶことができる「Tello」は、子供から大人まで非常におすすめのドローンといえるでしょう。

 

対戦用小型ドローンで遊んでみる!

小型ドローンの中で最近注目を集めているのが、2018年7月19日に発売された対戦型ドローン「X1 FPV」です。

本体サイズは120㎜×120㎜で、重量は70gの小型ドローンながら、高速飛行や、宙返りといったアクロバット飛行などもできます。

こちらのドローンは、撮影ができるだけではなく、「X1 FPV」同士を使った空中対戦シミュレーションができるという点です。

同梱されているモジュールをドローンに装着することによって、アプリ上で他機にレーザーを発射して攻撃するというサバイバルゲームを楽しむことができます。

また、「X1 FPV」では、最大14機まで同時にゲームに参加することができます。対戦ゲームを想定して作られているので、小回りの利いた機敏な飛行が可能となっています。ドローンでサバゲ―をやるなんて、なんとも未来な感じがしますよね。

空撮以外の用途で注目を集めている小型ドローン「X1 FPV」。気になる方はぜひ購入してみてください。

RECOMMEND おすすめ記事

上に戻る