ドローン関連の求人や収入は?仕事にできる?

近年、小型無人機「ドローン」の技術の研究は急速に進み、測量や空撮、輸送など様々な分野での活用が期待されています。また、産業用の利用の他にも、趣味などでドローンを楽しむという人も増えてきています。

ドローンによる期待が高まっているのは、利用する側だけではありません。実際に、ドローンによる空撮を専門としたカメラマンや、測量の技術士など、ドローンの技術を生かして仕事をしている人も多くいます。

今回は、ドローンを生かした仕事に就きたいと考える人のために、ドローン関連の仕事の種類や求人の量、収入などについて調査し、まとめてみました。

ドローン関連の求人にはどんなものがあるのか

ドローンを活用した職種には航空撮影、荷物の輸送、測量、インフラ点検など、様々なものがあります。

これらはいずれも、自分のドローン操縦技術を直接的に仕事に活かすものですが、近年ではドローンスクールのインストラクター、振興のための団体など、その技術を広めるための仕事のドローン求人というのも増えています。

しかし、現状では、ドローン関連の仕事の求人のほとんどが、撮影や土木建築、測量の技術といった、ドローンの操縦技術の他にも現場で求められる専門技術を必要とするようです。

このようなドローン関連の職種は、一般に募集されてない場合が多く、登録制のドローン関連専門の仕事が紹介された求人サイトなどから応募する場合が多いようです。

 

ドローン関連の求人で仕事に就いた場合の収入は?

ドローン関連職種の仕事の求人について、ネットなどでは、「ドローンは稼げる!年収1千万!」などというような、情報が出回っています。これは実際にはどうなのでしょうか?

実際のところ、平均的に見てドローン関連の職種の年収は、一般的な他の職種に比べてほぼ同じか、少し上くらい、といった程度のようです。

しかし、アメリカなど、日本よりもドローン産業の発展した国では、ドローン関連の職種の収入が、他の職種の平均年収よりかなり高くなっている場合もあります。日本でも、さらにドローンが普及し、様々な分野での活用がより進んでいけば、今よりも収入が上がるということも考えられます。

また、ドローンを利用した空撮を手がけるプロのカメラマンの中には、一件あたり50万円だとか、年収1千万円などというように、実際にかなり高額の収入を得ている人もいるようです。

しかし、これは技術の高い一部の人たちだけのようです。ドローン関連の求人の仕事ならば稼げるといった噂はここから出ているのかもしれません。

 

総合的に見てドローン関連の職種はおすすめか

ここまで、ドローンに関連する仕事の求人、その仕事の収入などについて調査してきました。

これまでの内容をまとめると、

「ドローン関連の仕事に就くには、ドローンの操縦以外の専門知識が求められる場合がある」
「平均収入は他の仕事と比べてそれほど高くない」
「超高額の収入を得ているのは、ごく一部の限られたベテランのみ」

といったように、現状ではドローン関連の職に就くことにあまりメリットを感じないかもしれません。しかし、日本国内でのドローンビジネスは未だ発展途上であり、これからさらに市場が拡大することも期待できます。

また、ドローン業界は他の職種と比べて低すぎる賃金での仕事の求人や、過酷な労働内容が少ないようです。これはやはり、一般的にいわれているように人手が足りないという現状からかもしれません。

この現状を見ると、実際には人材不足であるため、人手の確保はしたいものの、ドローン産業が発展していないために、雇用する側の財力が足りずにそれほど賃金が上がらないといった状態も考えられます。

これからのドローン産業のさらなる発展によって、ドローン業界の仕事の求人の平均賃金が上昇していくことも十分に期待できるのではないでしょうか。

RECOMMEND おすすめ記事

上に戻る