ドローン測量にはどのようなメリットがある?講習や資格とあわせて知っておこう

ドローンが様々なビジネスの業務に活かされていることは周知の事実ですが、ドローン測量もそのうちの一つです。今回は、ドローン測量のメリットや、実際にドローンを扱って業務行うためには、どのような講習および資格がおすすめなのかといったことを紹介していきます。

ドローンを使った測量で得られるメリットとは?

ドローン測量を行うことで、時間、労力、コスト、解析、安全性、クオリティ、どれを取っても大きなメリットが得られます。

まず、時間と労力に関してですが、危険な場所に人が立ち入らずに、ドローンで代わりに撮影をすることが可能です。

危険な場所になればなるほど、人が立ち入るには準備が必要で、足場が悪いと時間と労力がかかります。そこでドローン撮影を行うことで、安全かつ短時間、効率的に撮影できます。

さらに、画像解析および撮影データのクオリティに関しても、ドローン撮影にはメリットがあります。ドローンのソフトウェアは日々進化しており、測量で撮影した画像データの解析技術も飛躍的に進んでいます。

ドローン測量にはこれほどのメリットがあるので、今後、さらに一般化していくことが予想されます。

 

ドローン測量はこんなことに活用されている

ドローンは上記のような測量だけでなく、インフラ点検、地質調査、警備、農業、物流、気象観測といったあらゆる分野に進出しています。そして、各分野で画期的な業務効率化、コスト削減、安全性の確保といった功績を残しています。

測量だけでなく、各方面でドローンを活用するメリットは大きく、今後ますますの活躍が期待されています。ただし、それと同時にドローンの安全性を疑問視する声も上がっています。

その理由としては、実際に事故が起こっているからという点が挙げられます。中には、イベント会場での墜落事故によって、怪我人が出た事例などもあります。

しかしながら、たとえば測量の分野でドローンを活用することにより、作業中に怪我をしていたかもしれない作業員が、無事に作業を終えられた可能性なども考えられるでしょう。

このように、ドローンを活用する大きなメリットには「安全性の向上」も含まれます。ドローン事故で怪我をした人の数よりも、ドローンを活用することで安全に作業できた人の数の方が圧倒的に多いという事実が、もっと世間に認知されると良いですね。

 

ドローン測量をビジネスにする際に求められる資格や知識

ドローンを扱う上で必要な資格というものは存在しません。

ドローンを業務活用するためには特殊な資格が必要なイメージがあるかもしれませんが、資格はあくまでも業務に必要な知識を身に付けたり、クライアントからの評価を高めたりするといった目的のものになります。

たとえば、第3級陸上特殊無線技士資格があると、特殊な無線電波を用いた大型産業用ドローンを扱うのに役立ちます。

その他にも、地理空間情報専門技術認定資格を保有することで、ドローンを用いた測量全般に関する知識が身に付くといったことが挙げられます。

 

ドローンの民間資格にはどんなものがある?

上記の通り、ドローンを飛ばすために法律で定められた資格はありませんが、資格を取ることで仕事をもらいやすくなります。

資格を取るとドローン技術者として一定のスキル要件を満たす証明になりますので、興味のある方は受験を検討してみると良いでしょう。

資格試験を実施している団体としては、以下のものが挙げられます。

・DJI JAPAN株式会社
・一般社団法人ドローン操縦士協会
・一般社団法人日本UAS産業振興協議会

こちらの3団体が行う各種資格を取得することで、ドローン技術者として一定の評価を得ることができます。詳細は各社のホームページで公開されていますので、検索してぜひともチェックしてみてくさい。

RECOMMEND おすすめ記事

上に戻る