ドローン撮影クリエイターズ協会(DPCA)のドローン講習会まとめ

ドローン撮影クリエイターズ協会(DPCA)は、受講者の目的やレベルに合わせた講習会を実施しています。今回は、ドローン撮影クリエイターズ協会(DPCA)の各講習会の費用や特徴などをまとめています。

ドローン撮影クリエイターズ協会(DPCA)が実施している講習会

ドローン撮影クリエイターズ協会(DPCA)では、

「防災・地域再生 ドローン利活用1日講習」
「DRONE フライトオペレーター講習」
「DPCA主催・関西電力協力 DRONEフライトオペレーター講習」

の3種類の講習会を実施しています。

それぞれ、ドローン撮影クリエイターズ協会(DPCA)ではどのような講習会が行われているのか詳しく見ていきましょう。

 

ドローン撮影クリエイターズ協会(DPCA)主催の各種講習会の詳細

ドローン撮影クリエイターズ協会(DPCA)が主催している講習会についてご紹介します(表示費用はすべて税別です)。

「防災・地域再生 ドローン利活用1日講習」

受講費用:一般15,000円/官公庁および学生10,000円

10:00~16:00まで1日かけて行う座学講習で、ドローンとはどういうものなのかといった基礎知識から、フライトシュミレーターを使っての演習やトイドローン体験、さらには災害時の対策や、地域再生におけるドローン運用方法なども学ぶことができます。

ドローン撮影クリエイターズ協会(DPCA)の本講習会を受講して修了証を取得した人は、次の「DRONE フライトオペレーター講習」の1日目に行われる座学講習が免除されます。

「DRONE フライトオペレーター講習」

受講費用:一般60,000円/官公庁および学生50,000円

*団体申し込みの場合は4名からとなります。

1日目には上記1日講習と同じ内容の座学講習、2日目には整備点検や安全な運用方法について講習を受けた後に実技講習と実技訓練を経て、最後に検定試験を行います。

*検定料は初回無料、2回目以降は10,000円となります。

なお、1日講習を受講して修了証を持っている場合は、2日目の実技のみ受講する形となり、その場合の費用は35,000円となります。

ドローン撮影クリエイターズ協会(DPCA)の本講習会を受講して検定試験に合格した人は、10時間の飛行履歴確認後に“操縦技能証明書”を発行してもらえます。

2018年1月現在、日本ではドローンの運用に関する国家資格などがありませんが、 “操縦技能証明書”があれば操縦者の技能を担保する役割を果たしてくれるほか、国土交通省に飛行許可を申請する際の確認事項を簡略化できます。

「DPCA主催・関西電力協力 DRONEフライトオペレーター講習」

受講費用:一般60,000円/官公庁および学生50,000円

1日目に座学講習、2日目に整備点検や安全な運用方法について講習を受けた後に実技講習と実技訓練を経て、最後に検定試験を行います。

*検定料は2回目まで無料、3回目以降は10,000円となります。

関西電力は、ドローンの自律飛行や充電インフラの検証など、ドローンを社会のインフラの一つとして、運用するための取り組みに積極的な企業の一つです。

その関西電力の協力を得て、鉄塔や電柱など電力設備を併設した場所で行われる操縦講習会です。

実際の飛行に近い環境で実施できるほか、DJI社製の産業用最新機M200シリーズなどの操縦やデモフライトを体験することができます。

なお、ドローン撮影クリエイターズ協会(DPCA)の各講習会の費用や内容などは随時変更になる可能性がありますのでご了承ください。

最新情報ならびに開催時期などの詳細について不明な点がある場合は、DPCAホームページまたはFacebookページにてご確認いただくか、お問い合わせフォームより直接、お問い合わせください。

 

ドローン撮影クリエイターズ協会(DPCA)が不定期に開催している講習会

上記でご紹介した以外にも、ドローン撮影クリエイターズ協会(DPCA)では不定期的に開催している講習会があります。

たとえば「DPCAドローン体験講習会」は2016年4月15日に開催されたものですが、ドローンに興味があるという人、これからドローンを仕事にしたい人、すでにドローンで仕事をしている人など幅広く受講することができます。

前回開催時の受講費用は一般6,000円、会員4,000円、ビジネス会員2,000円(いずれも税込)で昼食代込みと非常にリーズナブルです。

次回開催されることになった場合、早めに定員に達してしまう可能性もありますので、興味がある方はぜひ最新情報をチェックしておきましょう。

また、ドローンの大きな魅力の一つであるカメラ撮影に特化した「DPCA 空撮カメラワーク講習会」(pdf3ページ目)も開催しています。

ドローン撮影クリエイターズ協会(DPCA)の本講習会では、

・カメラの基礎知識
・露出について
・撮影時の注意点
・魅せる空撮映像の要素
・搭載カメラの特徴

などを学ぶことができ、カメラワークの実演も体験できます。

このように、ドローン撮影クリエイターズ協会(DPCA)はさまざまな講習会を定期・不定期に実施しています。

情報はホームページやFacebookページなどに随時アップされていきますので、興味がある方はチェックしてみてください。

RECOMMEND おすすめ記事

上に戻る