ドローンベンチャー空解、電動VTOLドローンによる約70kmの長距離輸送を試みる

ドローンベンチャーの株式会社空解は、2021年7月17日(土)に医療物資や災害時救援物資の長距離・非接触・保冷輸送を想定した、自電動VTOLドローン2機による長距離運送の実証実験に成功しました。

 

実験に使用した機体である自社設計の高性能電動VTOLドローン「QUKAI FUSION」は、固定翼のいわゆる飛行機型でありながら、垂直上昇や垂直下降による離着陸が可能なため滑走路は不要です。

全長1,475mm、全幅2,100mmで貨物最大積載量は2.5kg。

最大航続距離は120km・最高速度120km/hを誇ります。

 

飛行区間は、千葉県銚子学校給食センターから茨城県稲敷郡河内町の「ドローンフィールドKAWACHI」まで。

「ドローンフィールドKAWACHI」付近の周回飛行を含めてトータル70kmのレベル3 目視外飛行、フルオートによる飛行が実施されました。

これは電動ドローン輸送距離の日本記録となります。

 

70kmの飛行に挑んだのは使用機体2機の内1機で、保冷温度5℃以下でのワクチン(ダミー)を運搬する予定でした。

しかし、離陸直後に通信系のトラブルが発生したため安全を考慮し飛行は中止に。

 

もう一方の機体はモバイルバッテリー、アルコール、マスク、ビタミン剤などを積載し、62kmのコースの飛行に挑みます。

結果、こちらは予定通りに62kmを約50分間目視外フルート飛行に成功し、着陸地点では安定した垂直着陸を見せました。

飛行後のログ解析によると。機体は時折風速10m/s程の横風が吹いている中で飛行を続けていましたが、動力バッテリーの残量を約半分残した状態であと45kmは飛行が可能な状態であったとのことです。

 

今回の実験により、軽量な期待がもたらす高効率な飛行性能を実証できました。

また、ドコモLTE通信モジュールによるリアルタイムの位置情報モニタリングも終始良好で、フルオートの飛行安全性も実証されました。

 

「QUKAI FUSION」は優れた飛行安定性能を備えているとしており、2022年以降のレベル4(市街地上空での目視外自動飛行)の許可に向け、非接触・低炭素排出による輸送を安全かつ簡単に実施することを目指しています。

    

RECOMMEND おすすめ記事

上に戻る