ドローンは高性能カメラ付きがおすすめ!空撮にぴったりな厳選モデルを一挙にご紹介

ドローンを購入する理由で多くを占めるのが、空撮映像を撮影してみたいというものでしょう。個人でも気軽に見ごたえのある空撮を行うことができるため、人気を集めています。ドローンで空撮がしたいなら、高性能なカメラが搭載されているモデルがおすすめです。今回は、空撮におすすめのドローンをまとめて紹介していきます。

ドローン初心者でも使えるカメラ付モデル4選!

ドローンを初めて購入されるような初心者であれば、そこまで高性能で高価なドローンを購入するのは難しいですよね。やはり最初は、入門向けのリーズナブルなモデルがおすすめです。

ここでは、ドローン初心者におすすめのカメラ付きドローンを4つ紹介します。

1.Holy Stone HS200

安価なドローンのラインナップが充実している「Holy Stone」。こちらのモデルはスマホでも簡単に操作することができます。また、カメラもついているので、空撮を体験してみたいという初心者におすすめです。価格も1万円ほどとリーズナブルなので、入門向けの1台として最適となります。

2.Parrot Bebop Drone 2

フランスのドローンメーカーが販売しているミドルスペックを有しているドローンです。初心者でもクオリティの高い空撮映像を撮影することができます。本格的なドローンの価格が10万円以上するのに対して、こちらは5万円ほどとそこまで高価でもありません。初心者でも、これから本格的に空撮をやってみたいという人におすすめです

3.PXY Wi-Fi GB401

コンパクトで軽量なカメラ付きドローンです。このボディで空撮も行えるので、レジャーにも最適ですね。スマホでカメラの映像を確認しながら飛行させることができる機能も搭載されています。価格も10,000円以下と、かなりリーズナブルです。

4.Syma X8W

低価格ながら、安定した飛行、自動高度制御機能、スマホでの操作、720pの解像度など、機能が充実しているドローンです。これだけの機能を備えながら、価格は10,000円前後と初心者でもお求めやすいドローンとなっています。

 

操縦が苦手な方はカメラ無しのドローンで練習するのがおすすめ!

ドローンの操縦に自信がない人は、カメラがついていない安価なドローンで練習して、操縦に慣れていきましょう。初めてドローンに触れるという人も、まずはうまく操縦するところから身に着けていくためにも、低価格のドローンで練習するのがおすすめです。

しかし、カメラなしとはいっても、ドローンは一歩間違えれば事故につながることがあります。低価格のドローンの場合、飛行性能や機能に不安があるものや、そもそも作りが粗悪なものなどもありますので、注意が必要です。

 

スマホで操作できるドローンも人気!

ドローンには専用のコントローラーで操縦するものと、スマホで操縦するものがあります。初心者であれば、スマホでタッチしながら操縦する方法がわかりやすいですよね。

ここでは、スマホで操作できるドローン「DOBBY」を紹介していきます。「DOBBY」は、ポケットに収まるほどのコンパクトなボディの小型ドローンです。

重量は199gと軽量で、このサイズながらも4kのカメラを搭載しています。飛行も安定しており、ドローンとしての機能は申し分ないでしょう。

「DOBBY」の操縦には、スマホの専用アプリを使用します。スマホ上の操作パネルをタッチしながら操作ができるので、初心者でも簡単ですよね。また、タッチ操作だけではなく、スマホ本体を傾けて操作するモードなどもあり、様々な操縦スタイルが楽しめます。

 

性能でドローンを選ぶなら水中でも使えるカメラ付きがおすすめ!

ドローンは空撮のイメージがありますが、モデルによっては水中でも使用することができるものがあります。空の次は、海を自由自在に動き回りながら撮影ができるということで、今後、さらなる活用法が期待されています。

水中ドローンを使えば、ダイビングするよりも安全で、安定した動画を撮ることができますし、装備や準備も簡易に済ますことが可能です。

しかし、静止画が苦手であることや、水中での現在位置の把握が難しいことなどのデメリットもあります。現状では、安定した海での使用に限定されるようです。

メリット・デメリットがありますが、水中ドローンは今後、魚群探知機や誘導灯などの利用が期待されています。もちろん、一般向けのモデルもありますので、レジャーとして使うこともできます。空の次は海と、今後のドローンの活躍が期待されますね。

RECOMMEND おすすめ記事

上に戻る