ドローンの空撮ビジネスにはどんなものがある?

ドローンの空撮はビジネスになるのでしょうか?ドローンは70年ほど前の戦時中に、アメリカの軍用偵察機を無人機として開発したことが発祥とされています。

ドローンは偵察目的から、日本国内では30年前から農薬の散布に使われ、2010年以降になると、民間で空撮に活用されるようになりました。

今回は、ドローン空撮の可能性に注目した企業がビジネスとして導入している活用例に焦点をあて、具体的なドローンの空撮ビジネスを紹介していきます。

ドローンの空撮ビジネスをご紹介!

それでは、ドローンの空撮ビジネスを具体的に紹介していきます。大手企業やIT系の企業が、取り組み始めた導入事例を並べました。

・ドローンを建築工事の分野で導入
・ドローンを警備システムに導入
・ドローンを農作物監視用途に導入

いずれも、ドローンの空撮機能を各産業の作業効率向上のために、ビジネスとして利用することに使われています。

ドローンの建築・土木工事への導入では、建築現場の作業効率の向上になる「測量」や「的確な指示」のために活用されています。空撮により、視覚判断が上がってくるのです。

ドローンの警備システムへの導入では、空撮での警備で建物全体の監視が可能となり、店舗や家庭の警備強化に繋がります。

ドローンの農作物監視への導入では、空撮により、広大な農地の作物の状態を遠隔で素早く判断することができるようになっています。

今後、企業の新しい発想により、ドローンの空撮のサービス範囲もさらに広がることでしょう。

 

ドローンの空撮ビジネスの需要は?

ドローンの空撮ビジネスの需要はどれくらいあるのでしょうか?結論を言えば、ビジネスの需要は多々あります。

ドローンによる空撮は、スポーツでもイベントでも見慣れている地上からの撮影ではなく、新鮮な体験をもたらしてくれる空撮画像や動画に、新しい価値観の需要が集まっているのです。

ドローンの空撮ビジネスは、野外イベントの空撮や、空撮による点検・記録などにも活用されています。認知度も高まっているので、需要はさらに増えてくるでしょう。

 

ドローンの空撮ビジネスは稼げる?

ドローンの空撮ビジネスで稼ぐことはできるのでしょうか?実際のところ、ドローンの空撮ビジネスの可能性は、どんどん幅が広がってきています。

ドローンの空撮ビジネスで稼ぐにも、職種が幅広いために、一概にいくら稼げるといった金額を提示することはできません。

そのため、ドローンの空撮ビジネスによって、ある程度稼ぐことができるのは事実ですが、単純にドローンが操作できるだけでは、ドローンパイロットとしての稼ぎだけになります。

ドローンの空撮ビジネスで大きく稼ぐには、ドローンの操縦技術だけではなく、他にはないアイデアを取り入れた発想と行動で、価値を高める必要があるのです。

ドローンの操縦のみにとらわれず、空撮の新しい提案や、高度な映像処理などで価値を上げていくことが求められます。

 

ドローン空撮ビジネスをしたい人におすすめの資格をご紹介!

最後に、ドローン空撮ビジネスを始めたい人におすすめの資格を紹介しましょう。ドローン空撮の初心者ならば、ビジネス活用のためにドローン操縦技術を身に着けるスクールを受講すると良いでしょう。

ドローンの操縦には、免許や資格は特に必要ないのですが、ドローン空撮をビジネスにするならば、空撮の知識や、空撮に関する法律は知っておく必要があります。

ドローンの操縦を仕事にした場合、独学の操縦経験だけでは、雇用側や案件を依頼する企業側に、「本当に任せても大丈夫だろうか」と不安に感じられてしまう可能性も考えられます。

実際、単純にドローンの操縦ができるだけでは、ドローンパイロットとしての安心感をアピールできないでしょう。やはりビジネスとなると甘くはありません。

そのため、ドローンの空撮をビジネスにしたいならば、ドローン操縦の技術と知識を学べるスクールを卒業したことが、資格や免許に匹敵するアピールになります。

日本全国の要所にあるスクールでビジネス向けのコースを受講して、見事合格できれば、プロのドローンパイロットを名乗れるようになるのです。

ドローン空撮ビジネスに挑戦してみたい方は、ぜひともドローンのスクールに入学することを検討してみてください。

RECOMMEND おすすめ記事

上に戻る