ドローンのビジネス利用には欠かせない? JUIDA安全運航管理者とは?

近年、ドローンを様々なビジネスに活用し、効率化を図る動きが加速しています。しかし、現状ではドローンの操縦技能を認定する国家資格等は存在しません。

ただ、独自にドローンの操縦技能や知識の認定を行っている団体があります。そこで今回は、一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)が認定する、JUIDA安全運航管理者について紹介します。

 

安全運航管理者を認定するJUIDAとは?

JUIDAの略称で知られる、一般社団法人日本UAS産業振興協議会は「日本の無人航空機の新たな産業・市場の創造支援と産業の健全な発展への貢献」を目的として、2014年7月に設立された一般社団法人です。

ドローン業界の最新動向を紹介するセミナーの他、操縦技能証明、今回紹介する安全運航管理者の認定など、ドローンを安全に運用していくための振興活動を幅広く行っています。

また、毎年幕張メッセでドローン展示会「Japan Drone Expo」も主催しており、ドローン振興をリードする団体といえるでしょう。

次に、そんなJUIDAが認定する無人航空機運航管理者について紹介していきます。

 

安全運航管理者として認定されるには?

JUIDAは2015年より、ドローンの操縦技能証明、安全運航管理者を養成するスクールを認定しており、証明証も交付しています。

認定スクールでJUIDAが定める科目を終了し、申請を行うと、操縦技能証明証が交付されます。

この証明証を所有するドローン飛行業務経験者は、安全運航管理に関する座学講座を受講し、所定の申請を行うことでJUIDA安全運航管理者として認定され、証明証が交付されます。

座学の内容は、安全運航管理の定義や意義について、リスクアセスメントについて、安全管理の考え方についてなど、約3時間となります。

ドローン安全運航管理者となるには、ドローン操縦技能証明と合わせて、約40万円の費用が掛かります。これを高いと思う方もいるかもしれませんが、現状で最も信頼性の高いドローン資格として、価値のある使い方をできれば、それほど高いものでもないかもしれません。

 

2018年、新たな資格「ドローン管制士」も誕生

いかがだったでしょうか。ここまで、ドローンを安全に産業活用していくために欠かせないドローン安全運航管理者について紹介してきました。

最後に、2018年に誕生した新たな資格についても紹介します。

それは、ドローンに関するコンテンツを企画、開発、運営する株式会社ドローンネットが展開する新たな概念、その名も「ドローン管制士」です。

2018年4月、ドローンネットが月額会員サービス「ドローン ザ ワールドクラブ」を発表した際、空撮映像のマーケットプレイス、操縦者と業務依頼者のマッチングシステム、複数地点のドローンを一度にナビゲートする管制アプリとともに4本の柱とされたのが、ドローン管制士です。

ドローン管制士とは、前述のドローン管制アプリ「ドローンスコープ」を利用して遠隔地から複数のドローンを管理、複数に指示を出し、空港の管制官のごとくドローンを操る、注目のポジションです。

ドローン ザ ワールドクラブのスカイビジネス会員は、ドローン管制士の基礎講座、ドローン管制士4級を2018年5月18日から受講することが可能です。

まだまだJUIDAの資格ほどの認知度はありませんが、今後さらなる認知の浸透が期待できる資格といえるでしょう。

RECOMMEND おすすめ記事

上に戻る