新しい視点から世界を見つめる 「ドローンフォトアワード2020」受賞作品が発表

「ドローンフォトアワード2020」の入賞者が発表され、話題を呼んでいます。ドローンフォトアワードは、権威ある世界的な写真コンテスト「シエナ国際写真賞」の一部で、世界中から美しい空撮写真が集まりました。

 

2020年のグランプリは、オーストラリアの写真家Jim Picôt氏が撮影した「Love Heart of Nature」という作品です。鮮やかな写真の中では、サケの大群の中を一匹のサメが泳いでいます。Picôt氏は、サケの群れがハートの形になった奇跡の瞬間を捉え、美しくダイナミックな作品を作り出しました。

 

コンテストは自然、スポーツ、都市など、9つのカテゴリに分かれていましたが、Picôt氏の作品がすべてのカテゴリを通してのグランプリとなりました。

 

2020年は「コロナ化の生活」という特別なカテゴリが追加されました。このカテゴリを制したのはイスラエルの写真家Tomer Appelbaum氏で、イスラエルの人々がソーシャルディスタンスを守りながら平和に抗議活動を行う様子を撮影しました。また、「ウェディング」カテゴリでは、Mohamed Azmeel氏の「トロピカル・ブライド」が優勝を果たしています。これは、モルディブで花嫁に花や葉を使って独創的なデコレーションを施して撮影したものです。

 

「人々」のカテゴリでは、凍った水面の上をソリで移動する人を上空から撮影した作品が優勝しました。作者のAlessandra Menidonzi氏は、「マイナス30度にもなるユーラシア・ステップの冬は大変厳しいが、それでも生活は営まれていくのです」とコメントしています。

 

受賞した全45作品は、2020年10月24日から11月29日までの間、イタリアで最も古い博物館の一つ、Siena's Accademia dei Fisiocriticiに展示されます。また、ドローンフォトアワードの公式ホームページ(https://droneawards.photo/gallery)からも見ることができます。

 

(画像引用:https://mymodernmet.com/drone-photo-awards-2020/)

NEWS

長時間飛行、機敏なターン!猛禽類から着想を得た「羽毛」を持つドローン

NEWS

フグのように膨らんでドローンを守るロボット「PufferBot」

NEWS

火の玉を落とすドローン、カリフォルニア山火事で活躍

NEWS

まるで空飛ぶ自撮り棒!BetaFPVとInsta360が開発する新ドローン

NEWS

iPhone 12シリーズはGoPro代わりにドローンに搭載できる!

NEWS

ドローン臓器輸送の最長距離更新!ドローンが広げる臓器輸送の未来

NEWS

室内を監視するカメラ付きドローンがAmazonから発売 セキュリティは大丈夫?

NEWS

新しい視点から世界を見つめる 「ドローンフォトアワード2020」受賞作品が発表

© DRONE NEWS