Featured Video Play Icon

DJIが最新産業用ドローン「Matrice 300 RTK」を発表 

中国の大手ドローンメーカーDJIは2020年5月7日、最新の産業用ドローン「Matrice 300 RTK」を発表しました。

 

M200 V2の後続機となるMatrice 300 RTKは、55分と非常に長い飛行時間、6方向の障害物回避機能という特徴を持ちます。さらに、積載量が6ポンドとM200 V2の2倍になったため、より高性能なカメラを搭載することができるのです。

 

また、IP45相当の防水・防塵性能、バッテリーの温度を自動で調整する機能を備え、極端な悪天候を含むあらゆる天候、気温-20℃から50℃に対応することができます。

 

Matrice 300 RTKは、飛行しながらカメラで撮影した映像をストリーミングすることができ、その際の最大飛行距離は15kmです。映像はARS256を用いて暗号化されます。また、2人の操縦士でドローンを操作することができるデュアルオペレーターモードがあり、片方に問題が起こった時や操縦を交代したい時にはシームレスに切り替えを行うことができます。

 

このドローンは送電線や線路の点検、測量など、産業用のデータ収集に使われることを想定して開発されました。データ収集を容易にするため、新たにスマートインスペクションという機能が追加されています。ドローンに撮影場所を記憶させ、同じ場所、同じ角度からの撮影を自動で何度も行ったり、撮影対象をAIに認識させることで追跡させたりする機能です。

 

カメラモジュールは、ハイブリッドマルチセンサーカメラ「Zenmuse H20シリーズ」から2つのオプションが用意されています。1つめはトリプルカメラで、20メガピクセルで23倍ズームのカメラ、12MP広角カメラ、1200メートル先までの距離を測定可能なレーザーレンジファインダーを含みます。2つめは、それらに加えて放射分析サーマルカメラを搭載します。ドローン及びカメラモジュールの操作は簡単で、ワンクリックで全てのカメラの撮影を開始・停止することが可能です。

 

Matrice 300 RTKは2020年後半に発売される予定で、価格は公表されていません。

NEWS

2020年下半期に行われるドローンカンファレンス オンライン開催も

NEWS

ドローンが間近で捉えたホオジロザメの映像

NEWS

ドローンを使って基地局のアンテナをメンテナンスする新ソリューション

NEWS

カリフォルニアのスタートアップ、ドローンでソーシャルディスタンスを監視するソフトウェアを開発

NEWS

BlackBerryとDedroneが提携、カウンタードローンテクノロジーを開発

NEWS

スコットランドの離島にドローンがマスクを届ける

NEWS

自動種まきドローンが農業の人手不足を救う

NEWS

スイスのFotokite、緊急車両の屋根から飛び出すファーストレスポンダー・ドローンを発表

© DRONE NEWS