史上初・360度カメラとDetect-and-Avoidシステム搭載のドローンソリューション

経済の要の一つになりつつあるドローンですが、現在は操縦者の視界内に限った使用がほとんどです。AmazonやGoogleなど、多くの企業が商品の配送にドローンを利用するために開発・実験を続ける中、目下の課題はBVLOS(目視見通し外)飛行であると言われています。BVLOS飛行の実現に新しい風を吹かせているのが、Iris Automationが発表した新しいカメラ・AIシステム「Casia 360」です。

 

「Casia 360」は、史上初のドローンに搭載可能な「Detect-and-Avoid (DAA)」機能、そして放射状に360度の視界を可能にするカメラを持ち、商業用ドローンのBVLOSオペレーションを実現するシステムです。5つの望遠カメラで撮影したドローン周囲の映像を、ドローンに取り付けたコンピューターが解析し、アルゴリズムによって導き出された最適な飛行をを自動で行います。

 

他の航空機が近くを飛んでいる場合、どの方向でも航空機を認識することができ、AIによって航空機の種類や予想進路などを解析した上で、自動で衝突を避けることができます。

 

Casia 360は、ソフトウェアとハードウェアのセットです。ハードウェアに含まれるのは5つのカメラ、2つのコントローラーで、どちらもドローンに搭載して使います。

 

Iris AutomationのCEO、Alexander Harmsen氏は次のように話しています。

 

「Casia 360は、ドローンを取り囲む環境を全て把握することができるので、衝突などの事故を防ぐことが出来ます。このテクノロジーは、世界中のドローン規制を司る機関、そして顧客からのフィードバックを基に開発されました。Casia 360を搭載したドローンは低コストで広範囲のBVLOS飛行が可能になります。鉄道、エネルギー産業、送電線の調査、商品の配送、捜索やレスキューなどあらゆる分野で活躍することを期待しています」

 

Casia 360の安全性を確認するため、Iris Automationは実験に実験を重ねています。あらゆる種類の航空機と衝突するシナリオを想定し、実際の飛行を12,000回、シミュレーションを50,000回行いました。

 

Casia 360は現在、アメリカ、カナダ、南アフリカなどでBVLOS飛行の許可を得ている複数の事業者によって利用されています。初回の限定販売はすでに売り切れとなり、現在はIris Automation公式サイトから次回販売の予約を受け付けています。

 

(画像引用:https://dronedj.com/2020/04/06/beyond-visual-line-of-site-iris-casia-360/)

NEWS

史上初・360度カメラとDetect-and-Avoidシステム搭載のドローンソリューション

NEWS

セキドが産業向けドローンの無料総合説明会「産業ドローン&関連ソリューション説明会」を全国11カ所で開催

NEWS

AIを用いたドローン事業を展開する新会社イーエムアイ・ラボが長野県に設立

NEWS

米オクラホマ州政府、新たなドローン規制法案を検討

NEWS

熊本県南小国町でドローン飛ばし放題できる「南小国ドローン手形」が利用者60名突破を記念し1億円の対人対物保険など新サービス追加

NEWS

MIT、ドローンが未知の環境を正確に自律飛行するためのリアルタイム・フレームワークを発表

NEWS

ドローンネット、世界初のオンライン対戦型ドローンレース場「スカイファイト」全国10カ所にオープン!

NEWS

SkyLink Japanがドローン総合機体保守プランのサービスを拡充。低価格プランと無制限の整備プランを用意

© DRONE NEWS