ドイツ「Wingcopter」がドローン配達の実験に成功 ドローンはトラックに成り代われるか

ドイツのドローンスタートアップ「Wingcopter」は、同じくドイツの化学品・医薬品メーカーの「Merck」、フランクフルト応用化学大学と提携し、ドローン配達プロジェクトの初トライアルフライトを成功させました。このトライアルの目的は、離れた2つのオフィス間で小さな荷物のやりとりをする際、トラックなどの地上を走る車両に比べて、ドローンに大きなメリットがあると示すことです。

 

今回行われた初フライトで、ドローンは約25キロの距離を飛行し、ゲルンスハイムにあるMerckの研究所から、ダルムシュタットにあるMerck本社まで染料のサンプルを届けました。

 

今回ドローンが飛行したエリアは、人口密度が非常に高い都市部の上空です。送電線、電車、車道が複雑に入り組んだエリアを無事に飛行できた経験は非常に重要であると言えます。また、このフライトはパイロットの視界外で行われました。現在までに行われたほとんどの商業用ドローン飛行テストはパイロットの視界内での飛行なので、これも画期的なことです。

 

Wingcopterは、今回のフライトが、今後世界中で行われるドローントライアルにおいてひとつの青写真になるだろうと話しています。このプロジェクトは3月まで続き、今後数回のトライアル飛行を経て、結果が報告される予定です。

 

初トライアルを終えた段階で、荷物の輸送においてトラックの代わりにドローンを使うことは、1時間から丸1日の大幅な時間の節約になること、また排気ガスの削減にもなることが示されています。トラックでの輸送は、行きだけでなく帰りにも時間とコストがかかり、大量の排気ガスを出すからです。

 

WingcopterのCEO、Tom Plümmer氏はプレスリリースにおいて次のように話しています。

 

「Wingcopterは既にあらゆるシチュエーションを想定して、繰り返しドローン配達のデモンストレーションを行っています。例えば遠隔地に救命用の医療物資を緊急配送するケースなどです。アメリカではFedExやUPSとパートナーシップを組んで実験を行っています。今回ドイツで行ったトライアルでは、近距離のオフィス間の配達など、身近なシチュエーションにおけるドローンを使ったサービスにも大きな需要があると確信しました」

 

 

(画像引用:https://techcrunch.com/2020/02/05/german-drone-delivery-trial-paves-the-way-to-replacing-trucks-for-inter-office-deliveries/)

NEWS

クジラの”鼻水”を採取するドローン

NEWS

外出制限中のリトアニアで、ドローンでバルコニーから家族写真を撮る写真家

NEWS

米UPSと独Wingcopter、共同で配送用ドローンを開発

NEWS

新型コロナウイルスで全土封鎖のスペイン、ドローンで市民に自宅待機を呼びかけ

NEWS

Matternetが開発したSF映画のようなドローン着陸ステーション

NEWS

ドイツ・フランクフルト空港でドローン目撃 飛行機の運行中断

NEWS

ゴールデンゲートブリッジで増え続ける違法ドローン問題

NEWS

DJIが新型コロナウイルス対策に150万ドルを支援 ドローンを使って消毒剤散布

© DRONE NEWS