Featured Video Play Icon

「Skydio Dock 2」で完全無人・自動のドローン運用が可能に

カリフォルニアのドローンスタートアップ「Skydio」は2019年10月17日、新製品「Skydio 2 Dock」を発表しました。これは同社のドローン「Skydio 2」用のベースステーションで、発進、飛行、帰還、充電のすべてを自律して行うといいます。

 

Skydio 2 Dockが想定しているのは、産業や商業シーンでの活用です。ドローン「Skydio 2」の持つ自動飛行、障害物回避、マッピング、監視機能などと合わせて、完全に無人でのオペレーションを可能にします。

 

Skydio 2 Dockはボックス型で、前面の出入り口が自動で開くと、ドローンを載せたアームがスライドしながら飛び出します。アームから飛び立ったドローンはミッションをこなしたあと、アームの上に帰還し、ボックスに収納されます。ドローンはボックス内部で充電され、また次のミッションをこなしていくのです。

 

このようにミッションの遂行から充電まで、すべてを無人・自動で行うコンセプトは、様々な分野で熱望されてきました。例えば、建設現場で繰り返し行われるマッピング作業、警戒エリアでのパトロール、緊急救援のための待機などです。これまで、これを実現するには大規模で複雑な設備や、多大なコストが必要で、決して現実的ではありませんでした。

 

Skydioによると、Skydio 2は世界で最も高度なテクノロジーを持つ自律飛行ドローンで、Skydio 2 Dockはコンパクトで軽く、簡単に使用できるベースステーションであり、様々な複雑なタスクを行うのに最適な組み合わせであるといいます。

 

Skydio 2 Dockは防水機能を持ち、悪天候の中でも使用することができます。さらに驚くべきは、機内持ち込み用のスーツケースにも入ってしまう大きさと、コンセントを挿入するだけで、数分でセットアップが完了するという手軽さです。

 

Skydioの共同創業者であるAdam Bry氏は、Skydio 2はGPS機能を使わずにSkydio 2 Dockに帰還することができる、と話します。GPS機能の代わりに、視覚ナビゲーションと慣性航法装置、そしてSkydio 2 Dock上面のマーカーを利用するのです。Bry氏によると、Skydio 2は25mphの強風の中でも、Skydio 2 Dockのアームの上に無事に着地できるそうです。

NEWS

新しい視点から世界を見つめる 「ドローンフォトアワード2020」受賞作品が発表

NEWS

ドローンを使ってキーウィと「ハイテク隠れんぼ」?!ニュージーランドでの新たな取組み

NEWS

ドローンでメタンを検知 シェルとベーカー・ヒューズが提携

NEWS

釣り人必見!赤外線カメラ搭載の水中ドローンで狙った魚を逃さない

NEWS

中国「HEISHA」が最新ドローンプラットフォームをリリース、限定キャンペーンも

NEWS

日本船座礁で大被害のモーリシャス ドローンが捉えた衝撃映像

NEWS

ドローンと「粘土団子」で森林面積を増やす取り組み 

NEWS

ドローン用モーター市場、 2020〜2030年に28.4%のCAGRで成長の見通し

© DRONE NEWS