Featured Video Play Icon

緊急時に車からドローンが飛び立つ!フォードが新たな特許を取得

2019年10月3日、アメリカの自動車メーカー「フォード」が、緊急時に自動車のトランクから飛び立つドローンの特許を取得しました。このドローンは4枚の羽を持つクアッドコプターで、ニーズに応じて様々なプログラムを組んだり、カスタマイズしたりできるといいます。

 

フォードがドローン分野に関心を示したのは、これが初めてではありません。2018年には、ドローンに搭載されているLEDを用いたトラッキング・個体識別システムを発表しました。そして今回は、緊急対応にドローンを用いるシステムを開発しているのです。

 

ドローン分野での挑戦について、フォードは「ドローンの普及が急速に進む今、我々の顧客もドローンをライフスタイルに取り入れたいに違いないと考えています」と話します。

 

このプロジェクトにおいて、緊急対応にドローンを採用する最大の理由は、自動車を大幅に上回る「機動力」です。ドローンはトランクから発進したあと、走行する自動車に追随したり、警察やレスキューに位置情報を発信したりという役割を果たします。

 

今回フォードが取得した特許では、ドローンは自動車のトランクの中で充電、保管され、必要があればトランクから飛び出して緊急時援助の役割を果たすと、イラスト付きで説明されています。イラストに描かれている自動車は「フォード・フュージョン」ですが、SUV、トラック、セダンなど、すべての車種でこのドローンを使うことができるとされています。

 

ドローンがフォードによって製造されるのか、例えばカリフォルニアのドローン関連スタートアップ「Skydio」など、他のドローンメーカーが手掛けるのかは、明確に示されていません。

 

自動車とドローンを組み合わせようとしている自動車メーカーはフォードだけではなく、最近ではドイツの「アウディ」、「ポルシェ」もドローンに関心を持っています。アウディが2019年のフランクフルトモーターショーで発表した、電気自動車のコンセプトカー「Audi AI:Trail」は、LED搭載ドローンをヘッドライト代わりに使います。ポルシェは、フォードと同じように、トランクからドローンが飛び立つスポーツカーを発表しました。

NEWS

アフリカ初のドローン学校「アフリカン・ドローン・アンド・データ・アカデミー」誕生

NEWS

アメリカ政府による中国製ドローン禁止、各省庁から反対の声も

NEWS

ドイツ「Wingcopter」がドローン配達の実験に成功 ドローンはトラックに成り代われるか

NEWS

燃料電池ドローンでパイプライン検査を行うプロジェクトが発足

NEWS

イギリスで新法案が可決、警察が違法ドローンを押収できるように

NEWS

Clutchの調査において買い物客の36%が「ドローンによる配送好ましい」と回答

NEWS

Apple、ロビー活動のためドローンの専門家と契約

NEWS

Autel Roboticsから新製品 8Kカメラ搭載ドローン「EVO 2」

© DRONE NEWS