スイスで児童の近くにドローンが墜落、スイスポストはドローン配送を無期限停止

20195月、スイスの国営郵便事業会社“スイスポスト”のドローンが墜落し、スイスポストはドローン配送サービスの無期限停止を発表しました。

 

問題のドローンは、未就学の児童が遊んでいた場所からわずか45メートルほど離れた上空で故障し、墜落しました。緊急用パラシュートが搭載されていましたが、パラシュートが開く前にロープが切断され、猛スピードで落下したということです。幸いにも怪我をした人はいませんでした。

 

スイスポストは2017年から、カリフォルニアのスタートアップMatternetと提携し、病院間を結ぶ医療物資のドローン配送サービスを提供していました。血液サンプルなどを他の病院の研究室に運ぶ際、ドローンは他の手段に比べて格段に速い輸送を可能にします。

 

スイスポストは20191月時点で約3,000件のフライトを成功させていましたが、同月にチューリッヒ湖で発生した落下事故を受け、20194月までサービスを停止していました。チューリッヒ湖の事故は電気回路のショートが原因で、パラシュートは正常に作動したということです。

 

今回の事故を受け、スイスポストはMatternetと協力して問題の解決に取り組み、サービスの再開を目指すとし、次のように話しています。

 

「安全は私達の最優先事項です。そこで専門家による協議会を設立し、ドローン飛行におけるリスク管理に関する全てのプロセスを徹底的に見直していきます。調査の経過や、サービス再開の目処については、随時発表していく予定です」

 

スイスポストはMatternetに対し、以下の改善案を提出しました。

・パラシュートをつなぐロープに金属を編み込んで補強する
・ロープを1本から2本に増やす
・周囲の人がドローンの存在に気がつくよう、飛行中により大きな音を発生させる

 

Matternetは、「Matternetの製品でパラシュート事故が起こったのは今回が初めて。実験でも商業オペレーションでも、このような事故は起こったことがありません。今回の事故を重く受け止め、解決に全力を尽くしていきたいと考えています。スイスポスト、FOCA(連邦民間航空局)、そして顧客である病院が、十分に安全対策が行われたと認めてくれた後に、配送サービスを再開したい」と述べています。

NEWS

スイスで児童の近くにドローンが墜落、スイスポストはドローン配送を無期限停止

NEWS

DJI JAPAN、日本マイクロソフト、NSWが民生用ドローンとAI技術を活用した建築物の外壁調査で協業

NEWS

中国ECサイトの京東が四川省広安市でドローン配送を正式にスタート。30kgまでの食品・電化製品・洋服などを配送

NEWS

東大とシャープが8企業・団体と連携し、広島県江田島市でドローンを使った「スマートかき養殖」の実証実験スタート

NEWS

函館市のアサヒ商会がドローンを使った巡回・輸送システムを販売。農場やキャンプ場の巡回・管理や軽量荷物の配達を想定

NEWS

ドローンが水難被災者へライフジャケットを届けるサービス開始!ドローンネットが救助活動にドローンを活用

NEWS

FullDepthが水中ドローン「FullDepth DiveUnit300」を使い茨城県の花貫ダムでダム点検実証試験を実施。ダム上流側壁面の網羅的撮影に成功

NEWS

テラドローンとヤナイ・ソフトウエアーがドローンを用いた屋根点検・積算事業で提携

© DRONE NEWS