Featured Video Play Icon

翼幅38メートルの大型・高高度ドローンでマッピングや自然観測 イギリス

イギリスの「国土地理院」に相当する機関「Ordnance Survey」が、太陽光エネルギーを使用して飛行し、高高度で衛星マッピングシステムを補助するドローンを打ち上げる計画を発表しました。

 

「High Altitude Pseudo Satellite(HAPS)」と名付けられたこのプロジェクトの目的は、高度67,000フィートから撮影された高解像度な航空写真を、すばやく提供することです。これは旅客機の巡航高度の約2倍の高さとなります。

 

ドローン本体の重さは149キログラム、翼幅は38メートルです。衛星と一般的なドローンのちょうど中間にあたる規模が狙いです。太陽光エネルギーを使用するため、90日間の連続飛行が可能となり、一度の飛行で地球を4.5周することができます。

 

ビジネス・エネルギー・産業戦略省のOliver Eden, 8th Baron Henley氏は、次のように話しています。「イギリスはマッピングと関連する技術においてとりわけ成功を収めてきました。この新しいドローンプロジェクトは、我々の産業戦略の背景にある革新的思考を示す、素晴らしい例です。イギリスはますます世界のビジネスやテクノロジーを牽引するでしょう」

 

この技術はマッピングだけでなく、気候や環境のモニタリングにも活用される予定です。氷河の融解や森林破壊のモニタリング、自然災害の兆候を発見して警告を発するなどの例が挙げられます。

NEWS

NASAは原子力ドローンで土星の衛星タイタンを目指す

NEWS

アメリカの人類学者、ドローンを使ってアフリカのマラリアに立ち向かう

NEWS

Flirtey Inc.が新たな配送用ドローンを発表 アメリカ

NEWS

中国が開発、ネットで敵を捕まえる「スパイダーマン」のようなドローン

NEWS

南米・アマゾンの森林火災の実態ードローンがとらえた映像

NEWS

アメリカ・Amazonが新たに52の特許を取得 顔認識で本人確認するドローンなど

NEWS

米ウォルマートがブロックチェーンを使ってコミュニケーションするドローンの特許を申請

NEWS

FAAがドローン操縦者向けアプリをリリース。飛行可能範囲がマップ上でわかりやすく

© DRONE NEWS