Featured Video Play Icon

参加条件は脳みそがあることだけ!「脳波ドローンレース」が南フロリダ大学で開催

アメリカ、南フロリダ大学で2019年2月9日、「2019 USF Brain-Drone Race」が開催されました。世界中から集まった16のチームが、脳波でコントロールするドローンを飛ばしてゴールを目指し、観客を大いに沸かせました。

 

この大会は、南フロリダ大学でコンピューター・サイエンスを教える助教授のMarvin Andujarと、アラバマ大学の教授Chris Crawfordの発案で始まりました。2人の出会いは2012年にフロリダ大学で、共に博士課程で脳波とドローンについて研究したことだといいます。

 

脳波でドローンをコントロールためのアプリケーションでは、特定の脳波パターンを検知してドローンの動きにつなげます。例えば操縦者が物を前に押して動かすことを想像すると、その脳波パターンによってドローンが前に進むのです。

 

AudujarとCrawfordは、脳波によるドローンレースは今後もっと有名になるだろうと考えています。なぜならこの競技に参加する条件は「脳があること」だけで、他の身体的・能力的制限が一切ないからです。どんな人でも活躍する可能性がある、多様で包括的な競技になる可能性を秘めています。

 

はじめての開催となった今回の大会には、アメリカ、インド、クウェート、ブラジル、ドミニカ共和国、バングラデシュ、ベネズエラ、そして日本のチームが参加しました。優勝したのはクエートのチームで、トロフィーと新しいドローンを受け取りました。

NEWS

新しい視点から世界を見つめる 「ドローンフォトアワード2020」受賞作品が発表

NEWS

ドローンを使ってキーウィと「ハイテク隠れんぼ」?!ニュージーランドでの新たな取組み

NEWS

ドローンでメタンを検知 シェルとベーカー・ヒューズが提携

NEWS

釣り人必見!赤外線カメラ搭載の水中ドローンで狙った魚を逃さない

NEWS

中国「HEISHA」が最新ドローンプラットフォームをリリース、限定キャンペーンも

NEWS

日本船座礁で大被害のモーリシャス ドローンが捉えた衝撃映像

NEWS

ドローンと「粘土団子」で森林面積を増やす取り組み 

NEWS

ドローン用モーター市場、 2020〜2030年に28.4%のCAGRで成長の見通し

© DRONE NEWS