DARPA、海底で作業を行う全自動ドローンの開発者を募集

アメリカ国防高等研究計画局(DARPA)は、オペレーターなしで海底の物体を処理できるドローンの開発者を募集しています。海底で通信ケーブルを繋いだり、ミサイルの破片や残骸を処理したりといった作業が想定されていて、「Angler(釣り人)」と呼ばれるドローンが有用なのではないかと考えています。

 

DARPAは政府のウェブサイト「Federal Business Opportunities」に、「人間による指令や介入なしに、長距離輸送や、海底にある物体を物理的に処理できる完全自動型の海底ロボット」を開発したい旨を掲載しています。

 

募集要項では次のように述べられています。「開発を検討しているロボットシステム「Angler」は、ナビゲーションや、捜索、調査や物体の処理を行う完全自動型を想定しています。ロボットはセンサーを搭載し、自己位置推定、障害物の回避、水中にあることによって受ける影響の制御、ミッションの遂行を自律して行うことが求められます。暗く、不透明で、激しい流れのある海底であってもです」

 

DARPAは募集に対して多くの応募があることを予想しているとした上で、「Angler」プログラムでは複数の候補者を選び、さらにその中から一つのデザインを選ぶと提示しています。

 

(画像引用:https://www.popularmechanics.com/military/research/a26089634/darpa-angler-ocean-drone/)

NEWS

NASAは原子力ドローンで土星の衛星タイタンを目指す

NEWS

アメリカの人類学者、ドローンを使ってアフリカのマラリアに立ち向かう

NEWS

Flirtey Inc.が新たな配送用ドローンを発表 アメリカ

NEWS

中国が開発、ネットで敵を捕まえる「スパイダーマン」のようなドローン

NEWS

南米・アマゾンの森林火災の実態ードローンがとらえた映像

NEWS

アメリカ・Amazonが新たに52の特許を取得 顔認識で本人確認するドローンなど

NEWS

米ウォルマートがブロックチェーンを使ってコミュニケーションするドローンの特許を申請

NEWS

FAAがドローン操縦者向けアプリをリリース。飛行可能範囲がマップ上でわかりやすく

© DRONE NEWS