トルコ企業が対ドローンジャミングシステムを開発、テロやスパイ対策

ドローンの普及が進み、スパイ活動や盗み聞きなどの目的で使用される懸念が高まる中、対ドローンジャミング(通信妨害)システムの需要が高まっています。軍事用通信機器を製造するトルコの企業ASELSANは、こういったシステムの研究・開発に取り組んでいます。

 

トルコの公式通信社Anadolu Agencyは2019年1月30日の記事で、簡単に入手でき、簡単に使えて、コストのかからないドローンは、これまで主に防衛目的で使われてきましたが、近年ではテロリスト集団が攻撃に使う武器になりつつある、と述べています。

 

このようにドローンに対する不安が高まっている背景から、軍事用通信機器のトルコ最大手ASELSANは対ドローンジャミングシステム「İHASAVAR」の開発を始めたのです。

 

İHASAVARは人間工学に基づいてデザインされ、非常に軽く、高い費用対効果を提供します。軍事基地や施設、大規模なイベント、高い価値のある資産や検問所の警備に使われることが想定されています。

 

ソフトウェアは100の異なるジャミングプロファイルを登録することができ、あらゆる戦略シナリオに対応可能です。2018年には、トルコ国内外に約500のİHASAVARシステムが届けられています。

NEWS

アフリカ初のドローン学校「アフリカン・ドローン・アンド・データ・アカデミー」誕生

NEWS

アメリカ政府による中国製ドローン禁止、各省庁から反対の声も

NEWS

ドイツ「Wingcopter」がドローン配達の実験に成功 ドローンはトラックに成り代われるか

NEWS

燃料電池ドローンでパイプライン検査を行うプロジェクトが発足

NEWS

イギリスで新法案が可決、警察が違法ドローンを押収できるように

NEWS

Clutchの調査において買い物客の36%が「ドローンによる配送好ましい」と回答

NEWS

Apple、ロビー活動のためドローンの専門家と契約

NEWS

Autel Roboticsから新製品 8Kカメラ搭載ドローン「EVO 2」

© DRONE NEWS