DJI JAPAN、日本マイクロソフト、NSWが民生用ドローンとAI技術を活用した建築物の外壁調査で協業

DJI JAPAN、日本マイクロソフト、日本システムウエア(NSW)は2019年1月30日、民生用ドローンとAI技術を活用して建築物の外壁調査を行う「建築物メンテナンスサービス」の開発で協業すると発表しました。

 

建築物の外壁調査は、専門知識を有する技術者による目視による点検で行われています。しかし、人手不足の深刻化やインフラ・施設の老朽化で、建築物の安全で高効率な検査が求められています。

 

そこで今回3社は、DJIのドローンおよび空撮技術力、NSWのDeepLearningを活用したAIソリューションと日本マイクロソフトのクラウドプラットフォームを生かしたサービスの開発により、建築物の外壁調査業務効率化の推進を目的として協業しました。

 

協業の各社の役割は以下のとおりです。

NSW:AIソリューション「ToamiVisionシリーズ」(https://www.m2m-cloud.jp/vision/ )のひとつ「CrackVision(クラックビジョン)」を用いたDeepLearningにより建築物のひび割れを判定するAIエンジンの作成とクラウドシステムの構築。

DJI JAPAN:ドローンのトレーニングセンター「UTC」(Unmanned Aerial System Training Center)で、外壁調査のドローン操縦者向けトレーニングカリキュラムの提供。

日本マイクロソフト:AIおよびマシンラーニングにおける技術をドローンに活用するグローバルな戦略的パートナーシップをDJIと締結しており、今回は実証実験の基盤としてパブリッククラウドプラットフォームMicrosoft Azureの提供。

 

すでに3社で実証実験を実施しており、ドローン撮影した建築物の全体画像を3Dモデル化し、AIで自動抽出したひび割れ個所を3Dモデルに重ねた損傷図を作成するシステムを構築し検証しています。

 

その結果、ドローンの撮影画像から一般的なひび割れの許容範囲といわれている0.2mm幅相当のひび割れ箇所の検出ができました。

 

今後はより巨大な建築物に対しても適用できるよう改善を進めていく方針です。

(画像引用:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000139.000015765.html)

NEWS

スイスで児童の近くにドローンが墜落、スイスポストはドローン配送を無期限停止

NEWS

セキドが産業向けドローンの無料総合説明会「産業ドローン&関連ソリューション説明会」を全国11カ所で開催

NEWS

AIを用いたドローン事業を展開する新会社イーエムアイ・ラボが長野県に設立

NEWS

米オクラホマ州政府、新たなドローン規制法案を検討

NEWS

熊本県南小国町でドローン飛ばし放題できる「南小国ドローン手形」が利用者60名突破を記念し1億円の対人対物保険など新サービス追加

NEWS

MIT、ドローンが未知の環境を正確に自律飛行するためのリアルタイム・フレームワークを発表

NEWS

ドローンネット、世界初のオンライン対戦型ドローンレース場「スカイファイト」全国10カ所にオープン!

NEWS

SkyLink Japanがドローン総合機体保守プランのサービスを拡充。低価格プランと無制限の整備プランを用意

© DRONE NEWS