Echodyneの3Dレーダーシステムでスーパーボウルのドローン事故は防げるか?

イギリスのガトウィック空港、ヒースロー空港、そしてアメリカのニューアーク空港とドローン事故が続く中、心配されているのが2019年2月3日にアトランタ州ジョージアで開催される第53回スーパーボウルです。

 

これは2018年シーズンのNFL(ナショナル・フットボール・リーグ)チャンピオンを決める試合で、アメリカ最大の祭典ともいわれます。このきわめて大規模なイベントでドローン事故を起こさないために、新しく実験的な3Dレーダーシステムの利用が計画されています。このシステムはMetamaterial Electronically Scanning Array(MESA)としても知られ、ビル・ゲイツも出資しているスタートアップEchodyneによって開発されています。

 

Echodyneは連邦通信委員会(FCC)に、スーパーボウルの開催地であるメルセデス・ベンツスタジアムとその周辺で3Dレーダーシステムを使用する届け出を提出しました。「スーパーボウルの最中、未確認のドローンを発見した際に連邦捜査官を含む警備員に知らせる」ことを目的としています。

 

しかし2019年1月29日時点で、未だFCCからの許可は降りていません。史上最長となった政府閉鎖が原因で処理が遅れているということです。

 

(画像引用:https://dronedj.com/2019/01/29/super-bowl-drone-drama/)

NEWS

アフリカ初のドローン学校「アフリカン・ドローン・アンド・データ・アカデミー」誕生

NEWS

アメリカ政府による中国製ドローン禁止、各省庁から反対の声も

NEWS

ドイツ「Wingcopter」がドローン配達の実験に成功 ドローンはトラックに成り代われるか

NEWS

燃料電池ドローンでパイプライン検査を行うプロジェクトが発足

NEWS

イギリスで新法案が可決、警察が違法ドローンを押収できるように

NEWS

Clutchの調査において買い物客の36%が「ドローンによる配送好ましい」と回答

NEWS

Apple、ロビー活動のためドローンの専門家と契約

NEWS

Autel Roboticsから新製品 8Kカメラ搭載ドローン「EVO 2」

© DRONE NEWS