Echodyneの3Dレーダーシステムでスーパーボウルのドローン事故は防げるか?

イギリスのガトウィック空港、ヒースロー空港、そしてアメリカのニューアーク空港とドローン事故が続く中、心配されているのが2019年2月3日にアトランタ州ジョージアで開催される第53回スーパーボウルです。

 

これは2018年シーズンのNFL(ナショナル・フットボール・リーグ)チャンピオンを決める試合で、アメリカ最大の祭典ともいわれます。このきわめて大規模なイベントでドローン事故を起こさないために、新しく実験的な3Dレーダーシステムの利用が計画されています。このシステムはMetamaterial Electronically Scanning Array(MESA)としても知られ、ビル・ゲイツも出資しているスタートアップEchodyneによって開発されています。

 

Echodyneは連邦通信委員会(FCC)に、スーパーボウルの開催地であるメルセデス・ベンツスタジアムとその周辺で3Dレーダーシステムを使用する届け出を提出しました。「スーパーボウルの最中、未確認のドローンを発見した際に連邦捜査官を含む警備員に知らせる」ことを目的としています。

 

しかし2019年1月29日時点で、未だFCCからの許可は降りていません。史上最長となった政府閉鎖が原因で処理が遅れているということです。

 

(画像引用:https://dronedj.com/2019/01/29/super-bowl-drone-drama/)

NEWS

NASAは原子力ドローンで土星の衛星タイタンを目指す

NEWS

アメリカの人類学者、ドローンを使ってアフリカのマラリアに立ち向かう

NEWS

Flirtey Inc.が新たな配送用ドローンを発表 アメリカ

NEWS

中国が開発、ネットで敵を捕まえる「スパイダーマン」のようなドローン

NEWS

南米・アマゾンの森林火災の実態ードローンがとらえた映像

NEWS

アメリカ・Amazonが新たに52の特許を取得 顔認識で本人確認するドローンなど

NEWS

米ウォルマートがブロックチェーンを使ってコミュニケーションするドローンの特許を申請

NEWS

FAAがドローン操縦者向けアプリをリリース。飛行可能範囲がマップ上でわかりやすく

© DRONE NEWS