オーストラリア民間航空安全当局、AiroboticsにBVLOS飛行の許可

イスラエルのAiroboticsが、オーストラリア民間航空安全当局(CASA)から初めてBVLOS(目視外)飛行の許可を得ました。さらに、現地にエアー・クルーがいなくてもドローン運用をしてもいいという特別な免除も受けることになります。CASAがこのような免除を認めるのは初めてのことです。

 

操縦者はAiroboticsオーストラリア支社にあるリモートセンターからドローンを操縦し、ドローンは時には620マイル以上離れたところまで飛行します。これによって、「Man in the loop(人間参加型)」オペレーションから、「Man on the loop(人間監督型)」オペレーションに変えていくことができると同社は話します。

 

「この歴史的な許可は、Airoboticsにとって大きな達成であると共に、オーストラリアでの事業拡大の礎となるでしょう。エアー・クルーを、地雷など危険のある場所に配置する必要がなくなり、顧客はビジネスにおけるリスクを減らし、ドローン技術と自動化技術の恩恵を最大限に受けることができます。」と語るのは、Airoboticsのバイスプレジデント、Niv Russoです。

 

Airoboticsは2017年にイスラエル民間航空局からもBVLOS飛行の許可を得ています。2018年にはウォール・ストリート・ジャーナルが選ぶ「Top 25 Tech Companies to Watch」に選出されている、今注目のスタートアップです。

NEWS

アメリカ・Amazonが新たに52の特許を取得 顔認識で本人確認するドローンなど

NEWS

米ウォルマートがブロックチェーンを使ってコミュニケーションするドローンの特許を申請

NEWS

FAAがドローン操縦者向けアプリをリリース。飛行可能範囲がマップ上でわかりやすく

NEWS

ドローンによる空港閉鎖が相次ぐ ドバイ国際空港で離陸が30分間停止

NEWS

米オクラホマ州政府、新たなドローン規制法案を検討

NEWS

翼幅38メートルの大型・高高度ドローンでマッピングや自然観測 イギリス

NEWS

参加条件は脳みそがあることだけ!「脳波ドローンレース」が南フロリダ大学で開催

NEWS

サーマルカメラ搭載のドローンで地雷探知 ニューヨークの大学生が開発

© DRONE NEWS