オーストラリア民間航空安全当局、AiroboticsにBVLOS飛行の許可

イスラエルのAiroboticsが、オーストラリア民間航空安全当局(CASA)から初めてBVLOS(目視外)飛行の許可を得ました。さらに、現地にエアー・クルーがいなくてもドローン運用をしてもいいという特別な免除も受けることになります。CASAがこのような免除を認めるのは初めてのことです。

 

操縦者はAiroboticsオーストラリア支社にあるリモートセンターからドローンを操縦し、ドローンは時には620マイル以上離れたところまで飛行します。これによって、「Man in the loop(人間参加型)」オペレーションから、「Man on the loop(人間監督型)」オペレーションに変えていくことができると同社は話します。

 

「この歴史的な許可は、Airoboticsにとって大きな達成であると共に、オーストラリアでの事業拡大の礎となるでしょう。エアー・クルーを、地雷など危険のある場所に配置する必要がなくなり、顧客はビジネスにおけるリスクを減らし、ドローン技術と自動化技術の恩恵を最大限に受けることができます。」と語るのは、Airoboticsのバイスプレジデント、Niv Russoです。

 

Airoboticsは2017年にイスラエル民間航空局からもBVLOS飛行の許可を得ています。2018年にはウォール・ストリート・ジャーナルが選ぶ「Top 25 Tech Companies to Watch」に選出されている、今注目のスタートアップです。

NEWS

夏のドローン運転には要注意―高温で墜落の可能性も

NEWS

トラックから大砲で打ち上げる新しいドローン「SQUID」

NEWS

釣り人の新・三大必需品はロッド・リール、そしてドローン

NEWS

DJIが周辺のドローンを検知するスマートフォンアプリを発表

NEWS

米カンザス州で初めてFAAに認可された地上基地レーダーを使わないドローンフライトが行われる

NEWS

イギリスでドローンと操縦者の登録が義務化

NEWS

Uber Eats専用ドローンのデザインが公開

NEWS

「Skydio Dock 2」で完全無人・自動のドローン運用が可能に

© DRONE NEWS